早見優、日清カップヌードルCMの撮影裏話 演出家から『1週間絶食していた設定で』

タレントの早見優が22日、自身のブログを更新。日清カップヌードル「ほぼイカ登場 篇」のCMの撮影裏話を綴った。

21日からオンエアされている同CMについて、早見は「撮影の日の朝は軽く朝食をとり、スタジオへ。」とCM撮影日を振り返り、「早見さん。1週間絶食していた設定でお願いします。とにかくカップヌードル、食いついてください。」と演出家から指示があったことを告白。

 

撮影が開始され、「最初のテークで、もういいかも、と演出家の方に言われ」と一発OKが出たようだが、「え?でも、まだもう少し食べたい感じだぁ、と内心想った訳です。」と、「新具材ほぼイカ」入りのシーフードヌードルを気に入ったようだった。

続けて、「ビジュアル撮影の後に、歌のレコーディングのためにスタジオの移動をし、歌を替え歌でレコーディングしました。」と、83年にリリースされた自身のヒット曲「夏色のナンシー」の替え歌をレコーディングしたことを報告。「当時の自分の歌を聞きながら、声を当時の声に近い感じで歌うよう、意識しました。」と撮影裏話を綴った。

この投稿に、ブログ読者からは「早速買いに行ってきますー」「美味しそうに召し上がっていました」「昨日歌声が聞こえてきたのでみたら、とても面白かったです!」「1週間絶食後!(笑)どうりですごい勢いで食べてましたね!」「歌声も透明感があって、当時録音してた?って思っちゃいました(笑)」など反響を呼んだ。

画像引用:日清カップヌードル

 



  1. 匿名 より:

    82年組の方はみんな変わらず輝いてる人が多いですね。あの方以外はw

  2. 匿名 より:

    歌声が当時のままですごい!当時のまま輝いてて素敵です⭐️



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。