堀ちえみ、舌先が術後に壊死『処置室でジョキジョキと切っちゃいました』

昨年2月にステージ4の舌癌の手術をしたタレントの堀ちえみが21日、自身のブログを更新。術後に舌先が壊死したエピソードを綴った。

舌の6割以上の摘出・太ももの皮膚組織の移植手術から1年8ヶ月経ち、現状について「舌の調子の方はハッキリ言って、ここまで喋られるようになるとは、思っていませんでした。」と、術後経過に驚きの堀。同様の6割以上の移植手術でも「かなりの個人差があると聞いていました」といい、「私の担当の医師の皆様も、なるべく舌先まで残そうと、頑張って下さいました。」と舌先を残すことに尽力してくれたようだ。

 

しかし、残した部分が「術後に壊死」してしまったようで、「主治医の先生方が悩んだ結果、処置室でジョキジョキと切っちゃいました。(移植した方の舌は 皮弁の感覚が全くなかったので 痛くありませんでしたが 音が凄かったです笑)」と衝撃のエピソードを明かした。

舌先が残っていれば、「もう少し言語に余裕があった」というが、「『たられば』を言っても仕方ないし、生命さえあれば何でもできるし、どうにでもなるわと。」と前向きに綴り、「ここに来て思っていた以上に、リハビリの成果が出てきました。」「やれば必ず成果が出るんだと信じて、頑張りますよ!」とした。

この投稿に、ブログ読者からは「ジョキジョキ(笑)笑えることか??」「『笑』を入れる神経が分からない…同病者の方はどう思うか毛頭もないのか」「ジョキジョキ…なんて表現怖すぎる やめてほしい!」「いくら文章が下手でももっとわかるように伝えられるはず」「そんな大手術で局所麻酔だったの?」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 


45 / 45First...«4142434445

  1. あんなガラクタの より:

    どこが経費に認められるの?謎だわ
    これが経費で落ちるって、どんな手を使ってるの?税務署仕事してんのかよ!
    頭にくる!1番取りやすいサラリーマンからは取りっぱぐれないから容赦ないよね

    こんな底辺のタレントでも腐っても芸能人だから、余程の脱税しない限りお目こぼしなのが悔しい!ほんとに悔しい!

    世間はコロナや不況で、大変な生活を強いられてる人が沢山いるのに、こんな脳天気なお金の使い方をブログにアップするなんて本当に馬鹿な女
    現世では残念ながら何のお咎めもなく終わるだろうけど、あの世ではあんたのしてきた事をたっぷり悔やみながら苦しんでね

    • 匿名 より:

      それはないですね
      現世で必ずおとがめは来ますよ
      因果応報ですから

  2. 匿名 より:

     過去にしがみつき、過去に浴びたスポットライトを懐かしんでる。
    40年くらい前のことですよね。ありえませんね。つまらない後悔だらけの人生を過ごしたんですね。
    今現在、どんだけ惨めなのか、辛いのか。素人ながらわが身に置きかえ、少しだけわかるような気もします。ごめんなさい。
    なんか同情したくなります。


45 / 45First...«4142434445

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。