だいたひかる、特発性大腿骨頭壊死症の診断書公開『手続きに来ました』

お笑いタレントのだいたひかるが6日、自身のブログを更新。国の指定難病「特発性大腿骨頭壊死症」の手続き申請を行ったことを報告した。

8月のブログで、股関節付近に違和感を感じたことを明かし「痛みを感じるようになり、階段や坂などはなるべく避ける感じで…レントゲン→MRIを撮って骨頭壊死との事でした!」と診断されたことを告白していた、だいた。

 

同投稿では正式名称について『特発性大腿骨頭壊死症』お経のようです」と診断書の写真を公開し、「よく分からない病気で、難病指定なので手続きに来ました。痛みも少なく動くうちは動かそうと、自転車で向かいました」と書類申請の報告や、現状について綴った。

この投稿に、同病者からは「発病したときのあの痛みは忘れません。ほんとに痛いですよね…。」「難病は、新薬のため副作用の情報ないだけ不安だし、終わりが見えないので辛くなります。」「自転車の方が痛くなくて、移動しやすいですよネ」「同じ病気でした。8年前です。難病指定なんでオペ代も国持ちです。今は三ヶ月一回検診を受けてます」など、アドバイスや体験談などが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 



  1. 匿名 より:

    だいたさんが書くブログが人に寄り添う。 
    堀さんのブログは食べログと嘘ばかりで人に寄り添えてません。

  2. ひかるさん より:

    ツラい日々に、辟易しないで自ら伝え頭が下がります。優しさ溢れる旦那さまがいてこそだね❤猫むすめ

  3. 匿名 より:

    私は乳がんで手術、抗がん剤治療をしホルモン剤治療中です。
    だいたさんのブログを読ませていただいてますが病気に関して読者の疑問にいつもしっかり答えられています。
    私も参考になりますし励まされます。
    突発性大腿骨頭壊死…確か舌癌やらリウマチやらのどなたかも過去に罹患してましたね。
    人工股関節置換え手術、入院時のブログをごっそり削除したと聞きますがなにか都合でも悪いんでしょうか?
    あと今年は人工股関節にして5年と節目に当たるのに定期検診を延ばし延ばしで未だに行っていません。
    何故でしょうね…
    舌癌で舌切除部分の皮弁を作る際太ももから皮膚を移植したのにその傷を形成外科で診てもらったのも1度きり、それも手術から11ヶ月後…
    この方の罹る病気は全て一般に知られているものと違う経緯でしかもあっという間に治ってしまう…
    本当に不思議で仕方ないです。

  4. 匿名 より:

    堀ちえみと同じ道を辿ってる…

  5. 匿名 より:

    いつも詳しい病気の情報ありがとうございます。堀さんのブログだと全然当てにならなかったので。

    • 匿名 より:

      誰かさんの診断書もみたいわ!
      色々の病気で診断書をいっぱいいっぱい
      持ってますよね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。