松本伊代×榊原郁恵 昭和アイドル漫才を披露し反響「普通に上手いし面白い」

15日に放送された千原ジュニアMCの特番「ネタ祭り! 2020秋!!」(テレビ朝日系)に、タレントの松本伊代と榊原郁恵が出演。M-1王者・ミルクボーイのプロデュースで、漫才を披露した。

 

今回、2人は「昭和マダム」として登場し、昭和アイドルをテーマにアイドル時代の禁断の裏話を自虐ネタで披露。漫才の出来があまりにひどい場合は、審査員であるミルクボーイが白いタオルを投げて強制終了となるルールだが、息のあった掛け合いでセリフも一切飛ぶことなく、順調に漫才を進めて行った。しかし、最後の最後に、伊代がオチとなるはずの自分の歌を間違えるといったハプニングあり、スタジオは「えー?」と爆笑の渦に。ミルクボーイからは、タオルを投げられて強制終了となってしまい「途中までいい感じやったのに」と突っ込まれていた。

漫才終了後、ジュニアに感想を聞かれた2人は「めっちゃ緊張しました」「私たち、だんだん(定位置より)後ろに下がってたでしょ?」などと話していた。

2人の漫才に、視聴者からは「ネタちゃんとやってて飛ばさなくて、とても上手だった」「漫才めちゃくちゃおもろかったw」「普通に上手いし面白いかった」などと大絶賛されている。

画像引用:ネタ祭り! 2020秋!!

 


  1. 匿名 より:

    伊代ちゃんめっちゃ頑張って練習したんだろうなw
    上手でした!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。