古市憲寿、大麻賛成に批判殺到「治安が悪くなる」「外国被れ思想」

9日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)に社会学者の古市憲寿が出演。乾燥大麻を所持したとして現行犯逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者の件を受け、「日本だけが大麻使っている人を極悪人のように裁く」と持論を展開した。

古市氏は「日本ではGHQが大麻を禁止にした。でも、当のアメリカでは合法化が進んでいる。世界的に見ても少なくても医療用大麻は合法化している国が多い中、日本だけが大麻使っている人を極悪人のように裁くことが果たして良いのか。」と問題提起。「そろそろ時代に合わなくなってきている、という気がします」と持論を展開した。

 

また「一般論として芸能人が逮捕されるというふうになると、逮捕の瞬間になぜかメディアが立ち会っているとか、そういうことが起こっている。これって捜査情報が漏れることも含めて、これって本来は国家公務員法違反だと思うんですね」」と指摘した。

古市氏の大麻使用を擁護する発言に、ネット上では「治安が悪くなるから絶対反対です」「アメリカでもマリファナ常習者なんてクズ扱いだよ」「なんでも外国に合わせようとする、外国被れ思想」「そんなに麻薬が吸いたかったから 政治家になってください 頑張ってw」などと批判の声が殺到している。

画像引用:フジテレビ

 


  1. 匿名 より:

    アメリカで解禁するのは行政が追いつかないからです。
    アメリカでも大麻やってるのはいい印象を受けません。
    よくアルコールとタバコと並べて考えるアホがいますが、全然違います。

  2. 匿名 より:

    欧米各国が大麻を解禁する本当の理由を知ればそんな事は言えないでしょう。

  3. 匿名 より:

    古市さんのおっしゃる事が正しいのかもしれませんね。
    この先、時代とともに変わっていくかもしれません。
    とは頭でわかっていても、やはり大麻は怖いものという先入観があるのでなかなか受け入れがたいものですが、、、。

  4. だったら より:

    アメリカに 行って住めばいいのでは?ちょっと頭がいいからって ずにのらないでね、口先だけなら 誰でもなんでも言えるよね。ばかにするなよ、日本人はだからばかにされるんじゃないのかしら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。