伊勢谷友介、過去の大麻に関するツイートが話題に『大麻で人生崩壊するのは難しい』

人気俳優の伊勢谷友介容疑者が8日、東京・目黒区の自宅で乾燥大麻を所持していた大麻取締法違反容疑で警視庁組織犯罪対策5課に現行犯逮捕された。

乾燥大麻は逮捕時に所持していた7・8グラムを含め、合わせて20・3グラム。1回分が0・5グラムとすれば、40回分を所持していたことになる。 警察関係者によれば「個人で所持する量としては多い」という。

 

伊勢谷容疑者は以前より、大麻に関連したツイートなどを行っており「大麻で人生崩壊するのは難しいと思うけどな。それならお酒の方が簡単だ」との持論や、「今週はヘンプを食べて、学んじゃう会でしたが、盛り上がってました!」と、ヘンプ(産業用大麻)に関するツイートなどを行っていた。

また、ラジオ出演時には「アメリカが第二次世界大戦で勝った後、ナイロンを売りたかったから、日本の麻の繊維っていうものが販売を邪魔するということで、それをやめさせるために大麻取締法を作ったという噂を聞いたことがある」などと話していた。

人気俳優の衝撃的な逮捕に、ネット上では「読みが外れ”崩壊”しましたね…」「ブーメランつうか伏線やな」「大麻が犯罪だという認識すら失ってるんだから相当やばいよ」「上流階級の嗜みくらいに思ってるんだろうな」「酒と比べてる時点で大麻援護派はおかしい事に気付こうよ」などのコメントが寄せられた。

画像引用:インスタグラム

 



  1. むかしの彼女ら より:

    広末涼子と 長澤まさみと つきあってたころもやってたんだろうか?それが わたしはいちばん気になるけどね

  2. 匿名 より:

    ガリガリだね…

  3. 匿名 より:

    インスタが色々いっちゃってるよねw
    ハイやん



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。