だいたひかる、高額な不妊治療費について告白『夫に悪くて数えたくない境地に…』

お笑いタレントのだいたひかる(45)が8日、自身のブログを更新。不妊治療にかかる費用について綴った。

38歳から不妊治療を開始しただいたは、40歳で乳がんが見つかり不妊治療を一時中断することに。先日、ブログにて「今回が最後のチャレンジ」と不妊治療を再開したことを明かしていた。

 

同投稿でだいたは「タイミング法から人工授精、体外受精と顕微鏡受精に挑んでいました」とこれまでに試した治療法を告白。かかった費用は300万円以上といい、「300万円をこえてからは見て見ぬ振りというか!?何も知りたくないし、夫に悪くて数えたくない境地になりました」と複雑だった心境を明かした。

現在の治療法については「今、不妊治療に保険がきくかもしれない!?」と望みがあるようで「年齢制限はあると思うので、私は対象外になるとは思いますが」としつつも「保険がきいて挑戦できる方が増える、令和時代であってほしいです願いを込めて!」と思いを綴った。

この投稿に、ブログ読者からは「私も妊活中に乳ガンが発覚して断念したひとりです」「お互い気張らずに頑張りましょう」「保険が使えたらあきらめないで治療する方もたくさん居ると思います」「てっきり、保険適用の治療と思っていました」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 


  1. 匿名 より:

    この人は正直に教えてくれる。
    自分の都合が悪いものや見せたくないものを隠す人もいるけど
    この人はそういうものほど人の役に立つって知っている。
    このようなブログこそ上位にいてもっとトピックスに取り上げてほしい。

  2. 匿名 より:

    菅さんをみなさんで応援しましょう(^^)
    だいたさん、よかったですね!

  3. 菅さんが より:

    首相になったら不妊治療を保険適用にしたい…と公約で言われていますね。
    実現すると助かるひとはたくさんいると思います


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。