だいたひかる、食べ過ぎに気をつけていることを明かす『私はガンなのだから…』

16年に乳がんのため、右胸を全摘出したお笑いタレントのだいたひかるが4日、自身のブログを更新。「ガンって怖いなぁと思う時」や、日常生活で心掛けていることを綴った。

ガンの怖いところについて、自身の経験からだいたは「何にも症状とかなくて、区から送られてくるクーポン券みたいな、検査の券を受けた方が良いんだろうなぁ!?と具合が悪い所が無かったけれど…とりあえず受けていました。」と特に症状はなかったというが、たまたま受けた検査で乳がんと診断されたことを告白。「検査に行っていなかったら、もっと大変な事になっていたと思います」と当時を振り返った。

 

この日は、私物の整理など断捨離をしていたようで「こんなに元気なのに私はガンなんだよなぁ…」と自分でもふと、不思議に思う瞬間があるようで、他にも「たまに油断して食べ過ぎたり、ガンの事を忘れ過ぎる時があるので 私はガンなのだからとストッパーがわりに、食べ過ぎに気をつけようと思います」と自分なりの対策をシェアした。

この投稿に、同じ病に苦しむネットユーザーなど、ネット上では「私も、見習わせて頂きます」「甘いもの食べすぎてしまうことが多いので明日から気を付けたいと思います」「私も、ストッパーかけれるように気をつけなければ!」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 


  1. それでも より:

    再発転移の心配もないステージ4の癌って、

    なんなんですかね?疑問しかない。

    私はだいたさんと同じく、癌の餌となる糖分はなるべく摂取量を控えています。再発転移が怖いですもの。

  2. 匿名 より:

    ちえみさんスイーツ爆食いですけど笑
    なんだこの違い…

  3. 匿名 より:

    ほりちさん見てます?
    あなた癌なのにステマなのか知らないけど食レポやってる暇ないですよ(苦笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。