故・岡田有希子のアルバム発売へ ネット「あの時の衝撃まだ覚えてるわ」「後追い自殺が凄かった」

1986年(昭61)に自殺をしたアイドル・岡田有希子さんの楽曲のなかから、竹内まりやが提供した曲だけを集めたアルバム『岡田有希子 Mariya’s Songbook』が発売されることが17日、分かった。

今回のプロジェクトに竹内は『デビューから連続での3部作をはじめ、私にとって最も多くの楽曲を提供した歌手は、他ならぬ有希子ちゃんでした。33年の歳月を経て、やっと私自身が「ファースト・デイト」「憧れ」「恋、はじめまして」をセルフカバーすることができた今年、ほぼタイミングを同じくして、思い入れの深かった有希子ちゃんへの提供作品が、ここに1枚のソングブックとしてアルバム化できることを心からうれしく思います。』としている。

 

岡田さんは1986年(昭和61年)4月、所属先のサンミュージック本社の屋上から飛び降り自殺をした。岡田さんの部屋には遺書が残されていたようで、そこには、24歳年上の俳優・峰岸徹への思いが綴られていようだ。峰岸は岡田との男女関係を否定したまま、2008年に帰らぬ人となっている。

ネット上では、「本当に、お人形さんみたいに可愛かった」「あの時の衝撃まだ覚えてるわ」「結局のところ原因は神田正輝なのか峰岸徹なのか よくわからないな」「あの写真は小学校の頃みてトラウマになったわ」「後追い自殺が凄かったんだっけ」などのコメントが寄せられている。

画像引用:Google画像検索

 


  1. 匿名 より:

    堀ちえみ、亡くなったことをきいて、「ライバルが一人減って良かったね。」と言ったとか。雑誌に載ってた。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。