道重さゆみ『劣化という言葉は私にはない』自信に満ち溢れたコメントにネットは…

元モーニング娘。の道重さゆみ(30)が28日、都内で行われた『第16回 万年筆ベストコーディネイト賞2019』の授賞式にスペシャルゲストとして登壇。年齢を重ねることについて「劣化という言葉は私にはない」とコメントした。

今年30歳を迎えた道重は「この歳で恥ずかしいんですけど、シール集めとかゲームだったり、タピオカが好きなんです。 それは貫いていこうと思います」と周りに流されず自分のポリシーを貫く宣言。

 

10代や20代のときからの変化については「10代はかわいい。20代は超かわいい。 30代は超超かわいい。劣化という言葉は私にはないんです。常にピークです。だから、今までできょうが1番かわいいんですよ」と自信に満ち溢れていた。

この発言にネット上では、「30とは思えないな 可愛い」「この人めちゃくちゃかわいいわ」「海外的な考え方で俺は好きだ」「偉人の言葉のようだ」「日本人は周りの目を気にする性質やからな」「確かにあんま変わってないな」「30ならまだ余裕 地獄はこれからなのだよ…」「劣化ではなく老化ですからね」などのコメントが寄せられている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。