薬丸裕英、2週間前のTOKIOへのコメントが注目される「匂わせてた?」の声も

タレントの薬丸裕英が今から2週間前の8日に放送された「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に出演。ジャニーズ事務所の後輩でもあるTOKIOにメッセージを送っており、その内容が再び、ネット上で注目されている。

薬丸は、今年結成26年目のTOKIOに、「25年アイドルでやっていけるって、すごい。これは本当にすごい。人気もないと続けてられない。」などと絶賛。また「今、ジャニーズで牽引していけるのはTOKIOだと思ってる。ジャニーズを引っ張っていけるのはTOKIOだと思う」と語った。

 

そして、「これが、いろんな形でTOKIOが変わるかもしれない。」とし、「変わっても、少年隊みたく、グループは残して、最後まで名前は残してほしい」と願った。

その後22日、TOKIO長瀬智也が来年3月いっぱいをもってジャニーズ事務所を退所し、グループから脱退することが報道された。残りのメンバーの城島茂、国分太一、松岡昌宏はジャニーズ事務所100%子会社の「株式会社TOKIO」を新たに設立し、TOKIOは3人で存続する。

薬丸の8日のコメントに、ネット上では「やっくん知ってただろうね」「色々内情知ってて匂わせてた?」「いつ頃の収録か解らないけど、大方は決まった時期かな」「なんか事実を知っていてエールを送っていたように見えた」「こうやってグループで居る呪いをかけるの可哀想」「長瀬に向けて言ってんのか?」「直接世話になっていない人に先輩づらされても困りますね」などと物議を醸した。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。