薬丸裕英、岡江さんへ最後の手紙『こんなお別れは辛すぎます』

薬丸裕英、岡江さんへ最後の手紙『こんなお別れは辛すぎます』

1日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系)では、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった岡江久美子さんを偲び、過去放送回でゲスト出演した映像を特別編集して放送。また、同局系「はなまるマーケット」で長年、岡江さんとMCを務めたタレントの薬丸裕英が、岡江さんへの思いをつづった手紙を披露した。

 

誕生日の度に手紙を送っていたという薬丸は「残念ながらこの手紙が、岡江さんに書く最後の手紙となるかもしれません」と語り出す。訃報を受け「最後にお顔を見ることもできず、お見送りすることも許されないこんなお別れは辛すぎます。今でも信じられないし、信じたくないから、さよならは告げません」といまだに心の整理がついていないことを明かし、「私からのお願いです。はなまるマーケットの岡江さんは我々共演者やスタッフにとって太陽のような存在でした。だから、これからもずっと天国からみんなのことを照らし続けてください。お願いします」「はなまるマーケットという素敵な番組で岡江さんとご一緒できたことを心より感謝しています。本当にありがとうございました」と涙ながらに読み上げた。

ネット上では「いい手紙だった 泣ける」「いい人ほど 早く逝ってしまうな」「17年半とかもう家族みたいなもんだよね」「仲良かったんだなぁ」「やっくん読むの辛そう…」などのコメントが寄せられた。

画像引用:TBS

 

2件のフィードバック



  1. 匿名 より:

    やっくんの手紙でもらい泣きしました。
    なんで岡江さんなんだろう。コロナ 憎い…

  2. 匿名 より:

    番組見ました
    岡江久美子さんは本当に明るくて善良で回りの人を幸せな気持ちにさせる素晴らしい人だったんだとつくづく思いました。
    薬丸さんも慕っていたのが分かります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。