薬丸裕英、家庭でのコロナ対策シェアも「意味がない」と教授から指摘

30日放送の情報バラエティ「バイキング」(フジテレビ系)にタレントの薬丸裕英がコメンテーターとして出演。武漢ウイルスの対策として「うちは全員、分かれて寝ています今は」と明かした。

この対策について、昭和大学医学部の二木芳人客員教授は「家庭の中にどなたか1人持ち込めば、そこで防ぐことは無理だと思っています」とし、「起きてから寝るまで近い距離で親しく過ごしているわけですから、ソーシャルディスタンスを取るとか家庭の中でやっても意味がないかなと思っています」と指摘した。

 

これに薬丸は「意味がないかもしれないけど、気持ちが大切かなと思って」とコメントした。

このやり取りに、ネット上では「意味がないとか言ってやるなよ 心がけてるのは大切」「いい子ぶったのに、ディスられてて草」「気持ちとか精神論じゃダメ」「これが意味無いなら、ソーシャルディスティネーションも意味ないんじゃないか」「子供も大きいし夫婦もそれなりの歳だし 寝る時みんなバラバラって普通じゃないの?」などと物議を醸した。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。