舞台大規模クラスターでイメージ悪化「完全にコロナテロ」…歌舞伎俳優もブチギレ

映画コメンテーターの有村昆氏が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性が確認されたと12日、所属事務所のホリプロが発表した。有村氏は9日夜から10日朝にかけて発熱を訴えPCR検査を受け、12日に陽性判定が出た。

有村は出演者やスタッフらにクラスターが発生した舞台「THE★JINRO―イケメン人狼アイドルは誰だ!!」の企画を担当。また、同舞台の初日の6月30日と最終日7月5日の公演を観劇し、出演者とあいさつを交わしたという。妻でフリーアナウンサーの丸岡いずみら家族もこれから検査を受けるとしている。

 

同舞台は東京・新宿の「新宿シアターモリエール」で上演された。これまでに出演者やスタッフ、観客に感染が拡大。『THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!-』を主催するライズコミュニケーションは13日、公式サイトを通じて、保健所より「全ご観覧者様(約800人)が濃厚接触者に指定されたとの連絡がございました」と報告した。

現在、公演前に出演者の中に体調不良者がいたことが問題視されており、ネット上では「これ空気感染」「何人も症状が出てるのに、最終日まで完走…」「馬鹿を通り越してテロだろ、これ」「完全に コロナテロ」「もうそこら中ウイルスだらけなんだろうか」などと物議を醸している。

歌舞伎俳優の尾上松緑は、12日にブログを更新。一連のクラスター問題に触れ「僕が苛つくのは、日本国内で初めて舞台での新型コロナウイルス集団感染が発生した公演主催者が〝体調不良の出演者が居るのを知っていながら上演を強行した〟 しかも、何の手も打たずに最終日まで全行程、そして〝罹患している可能性が有り、それを分かっていたのに出演し続けている者が居た〟という事実だ」「はっきり言おう。こんな奴等は劇場サイド、主催者、出演者、スタッフに至るまで、どいつもこいつも素人の集まりだ」などと激昂している。

 


  1. 匿名 より:

    自分たちの利益しか考えてないから、こういう結果になったのでしょう。同業者にも風評被害で本当、ひどいですよ。呆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。