生稲晃子、健康情報誌の対談でソーシャルディスタンスを意識『今の時期を象徴する写真』

タレントの生稲晃子が16日、自身のブログを更新。健康情報誌の対談があったことを綴った。

この日、都内で健康情報誌「主治医」の対談があり、和漢薬研究所の社長と安藤漢方薬局の先生に会ったことを報告した生稲。「衣裳はユキコハナイ とても華やかで気持ちが明るくなりました〜」と夏らしい花柄のロングワンピース姿の写真や、対談した3ショットなど、全3枚の写真をアップした。

 

しかし、「3枚目を見てくださ〜い」と3枚目にアップした写真について「ソーシャルディスタンスを保っての対談だったために、両側にいらっしゃるお二人が足しか写ってません 写真のサイズを変えてみようとか、色々試みましたが無理でした〜」と先生方が見切れている写真に苦笑いの生稲。「でも、今の時期を象徴する写真でもあるので、これはこれで面白いかなと思ってアップしました」と、お茶目に綴った。

この投稿に、ブログ読者からは「まだまだソーシャルディスタンスが続きますね〜」「いつも美しく素敵にかわいいあっこさんに感謝」「ソーシャルディスタンス…とても大切な事ですよね」「今日も素敵な衣装 お似合いです」などのコメントが寄せられた。

画像引用:LINEブログ

 


  1. 匿名 より:

    ご本人のコメントどおり華やかな感じではありますね。ただもうすこし首元が狭くても良かったかなと、(昔でいうムームー、古っ!笑)でも知的でエレガントさは出てますよGOOD
    みたいに見えてしまうのが残念です。

  2. 匿名 より:

    綺麗で頭の回転良くて大好きです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。