【うつ】渡辺満里奈、夫・名倉を支えたタフさ『仕事やめていい 贅沢しなければ生活できるよっ』

11日に放送された阿川佐和子がMCの「サワコの朝」(TBS)に、タレントの渡辺満里奈が出演。夫で芸人の名倉潤が昨年、うつ病で仕事を2か月休んだことについて、思いを語った。

ヘルニアの手術を受けた影響で体調を崩し、心療内科を受診してうつ病と診断された名倉。その時の心境について渡辺は「よく考えたら、私が一番夫のことをよく観察しているので、明らかに(いつもと)違うとか、こういう症状だみたいなのは、心療内科の先生より私の方がきっとわかっているって思ったんですね」と振り返り、「その時は私しか治せないと思いました」と決意したことを語った。

 

療養中、名倉には「いつ仕事をやめてもいいよって」と焦りや負担を和らげる言葉をかけ、また「なんとか贅沢しなければ生活できるよっ」とポジティブに接していたという。

仕事の傍ら夫を支え、渡辺自身も「ベッドに入ると涙が出てくる」とストレスを抱えることもあったようだが、「近しい友だちに話を聞いてもらったり 泣いて」と、なんとかやり過ごしたタフさをアピールした。

ネット上では「いい嫁さん貰ったな」「なおったと思っても忘れた頃にぶり返すので、見守って」「鬱は一生付き合っていくものだと思います」などのコメントが寄せられた。

画像引用:インスタグラム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。