横浜流星とW主演の浜辺美波もPCR検査「舞台は禁止にしたら」「舞台やばい」の声

俳優の横浜流星が、武漢ウイルスに感染していることが分かった。

発表によると、横浜は20日夜、宮本武蔵役で主演する舞台『巌流島』の稽古を終えてから帰宅する途中に発熱症状があり、深夜に医療機関を受診。21日、陽性と判明したようだ。

この発表を受け、舞台『巌流島』の東京公演は中止に。横浜はこれまで3日間、稽古に参加しており、現在キャストやスタッフなどの接触状況を確認しているという。

 

さらに、8月12日スタートの「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)について、横浜とダブル主演する女優・浜辺美波(19)がPCR検査を受け、結果待ちであることが21日、分かった。 所属事務所によると、体調に異変はないが、念のために検査を受けたとのこと。

相次ぐ舞台での感染発覚に、ネット上では「舞台ってやっぱりやばくね?」「舞台はもう当分出来ないだろ」「若いから大丈夫だろうけど後遺症が残りません様に」「舞台稽古とか思いきり感染するじゃん 」「ドラマは再放送、舞台は禁止にしたらどうだ」など、心配や舞台環境を危惧する声が相次いでいる。

画像引用:Google画像検索

 


  1. 匿名 より:

    若い方の感染が増えてきたように思います。
    臨時休校になっているところもちらほら。

  2. 匿名 より:

    若い子は大丈夫だろうけど、周りの人が心配だね。著名人の訃報はもう聞きたくない…

  3. 匿名 より:

    かわいそう( ´Д`)
    舞台は危ないですね。ワクチンできるまでやめるべきでは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。