槇原の逮捕に陰謀説を唱える声相次ぐ「コロナ不手際の目そらし」「タイミングが露骨」

警視庁組織犯罪対策5課は13日、覚せい剤取締法違反の容疑で歌手の槇原敬之容疑者を逮捕した。 逮捕容疑は、2年前の平成30年4月11日、東京都港区海岸のマンション一室で覚醒剤0・083グラムを所持していたとされる。

なぜ、2年前の容疑でいま逮捕に踏み切ったのか。多くの薬物事件の場合、使用や所持の現行犯逮捕が多いため、今回の逮捕はマスコミの間でも驚きがあったという。なお、2018年に槇原容疑者の所属事務所の元代表が逮捕されたとき、すでに槇原容疑者の部屋から覚醒剤と危険ドラッグが押収されていたという。

 

この報道にネット上では「コロナウィルス対策の不手際からの目そらし」「まただよ。政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。 」「速報 コロナで日本人女性が死亡」「コロナ対策の無策を隠そうとしたんだろうけどもはや隠しきれないよ」「タイミングが露骨」「ワイドショーの予告を見たら槇原ばっかりでコロナ死者は無し」などと新型コロナウイルスに関する陰謀説を唱える声が相次いでいる。

同日、新型コロナウイルスに感染していた神奈川県に住む80代の女性が死亡したことが報道されていた。

【強制連行】新型コロナ感染者が病院送りを拒む理由…「死を待つ強制収容所」

画像引用:Google画像検索

 


  1. 匿名 より:

    安倍ちゃんの狙いはずれるwww
    コロナやばすぎー

  2. 匿名 より:

    いち芸能人の逮捕で
    不手際隠すのは無理だから
    本当に何があるか
    わかりません!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。