松本伊代、長男が親の存在を隠して勝手に芸能界入ったエピソードを披露

タレントの松本伊代が6日に放送された「ダウンダウンDX」に出演。長男の小園凌央が、親の存在を隠して勝手に芸能界入ったエピソードを披露した。

長男は、ネットのオーディション番組に親の名前を伏せて受けていたようで、伊代は最終面接まで残った際に打ち明けられたという。というのも最終面接では、長男が未成年だったために親の同伴が必要だったらしく「私は松本伊代で行ったほうがいいのか、はたまた隠して、松本伊代を伏せていくべきなのかすごい悩んだ」と長男の思いを汲んで葛藤があったことを話した。結果、「今まで(面接で)隠してきたんだから、もうすっぴんにマスクして行ったんです」と顔バレしないように面接会場に足を運ぶことに。

 

面接では、なんとか最後までバレずに済んだようだが、伊代は「これ、最後まで逆に私ってわからないのはどうなんだろう?」と今後のことを考え、逆に不安になってきてしまったといい、帰り際にマスクをとって「本当にもう、よろしくお願いします」とお礼をしたという。すると、「ちょっと一つだけいいですか?」と面接官に聞かれたようで、伊代は「やっと気付いてくれたのかな」と内心安心するも、面接官から出た言葉は「息子さんの名前の字は僕の字と同じなんですけど、どうしてこの名前なんですか?」という関係のない質問だったといい、「最後まで気付かれず終わった」と苦笑いの伊代だった。

画像引用:ダウンダウンDX

 


  1. 匿名 より:

    話の内容より、伊代ちゃんが長いエピソードを喋ってたことにびっくりしたw この人、結構喋れるんだねw

  2. 匿名 より:

    芸能界に入るのはそんなに簡単なんですか。
    親の存在知らなかったとはにわかに信じられません。

    • まぁ より:

      そういう事にしてあるだけで、んなわけないのはみんな知ってますよw
      芸能界、色んなところで繋がりがありますし、履歴書だって当たり前に出すはずだし
      苗字でわかりますよ
      小園とかいうんだよね?珍しい苗字だし、さらにひろみの名前も苗字にくっついてあるんだからさ

  3. 匿名 より:

    てっきりご両親のコネで芸能界入りしたと思ってましたが、息子さんえらいですね。笑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。