東京パラメダルデザイン、韓国の呆れたクレームがこちら…

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は25日、「1年前カウントダウンセレモニー」を開催しメダルデザインを発表した。

デザインしたのは松本早紀子さん
デザインは「扇」をモチーフとし、「人種や国境を越えて人々の心を一つに束ねる」「世界に新たな風を吹き込む」イメージを象徴したという。

 

懸念点「放射状のデザイン」=旭日旗?
近隣国には、海上自衛隊に旭日旗を降ろせと求めてくるなど、放射状のデザインに極度の嫌悪感を抱く人々がいる。彼らは、それが光の拡散をデザインしたものであろうがなかろうが、放射状であれば「旭日旗に見える」とクレームを付けて、スポーツ大会の主催者から一企業にまで、スパムのような大量のメールを送りつけて撤去や消去を求めてくる。
引用:サンスポ

こういった隣国のクレームについて、日本国内からは「ならボイコットしろ」「どの辺が旭日旗なんですかね?」「こんなのまで旭日旗に見えてしまうんか? 病気過ぎる。」「韓国人がボイコットして何か問題でもあるの?」などと呆れの声が殺到している。

 


  1. 匿名 より:

    来ないんだから関係ないだろ

    0
  2. 匿名 より:

    ボイコットすれば?ww

    1+
  3. 匿名 より:

    文句ばっかで結局は出るんでしょう?w
    難癖つけて、日本が折れるとでも思ってんの?いい加減にしてほしい。このタカリ体質の国。

    6+
  4. neko より:

    坊主憎けりゃ袈裟まで…ですね。
    何でもかんでも難癖をつける!
    この国の方々は未来志向というものが
    全くないのでしょうか。
    未来永劫地球が滅びない限り
    日本を憎み諸々の事柄を
    捏造していくのでしょうか。
    そんな国家が繁栄するはずは有り得ません。
    なさけない。

    7+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。