木下優樹菜、活動自粛の書面に猛ツッコミ「”お”相手の方と言えない事務所…」「自粛させていただく?」

タピオカ店オーナーに恫喝まがいのDMを送りつけたとし、渦中のタレント・木下優樹菜が18日、所属事務所・プラチナムプロダクションを通じて活動自粛を発表した。

書面で木下は「私の軽率な発言により相手の方、関係者の方々、ファンの皆様にご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした」と謝罪し、「当面の間、芸能活動を自粛させていただくことといたしました」と報告。「改めて自分自身の発言を見直し、相手の方には誠意を持って謝罪をしていきたいと思います。誠に申し訳ございませんでした」とした。

【事務所総出】木下優樹菜、Wikipediaに記載されるも即削除される(スクショあり)

 

所属事務は「木下優樹菜本人としましては、自身の軽率な言動により、相手の方、関係者の皆様、及びファンの皆様にご迷惑をおかけした」と反省し「タレントマネジメント会社としての責務を改めて見つめ直し、今後二度とこのような事態を起こさぬように全力で努めて参ります」と誓った。

活動自粛にネット上では「当面って何?ただの冬休みじゃん」「”お相手の方”と言えない事務所もあれだよなホント」「自粛させていただく??自粛いたしますだろうが」「不快だからもう戻って来ないで欲しい」「沢尻で薄まる期待で今こんな発表したのか?」などと批判が殺到している。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。