早見優『だれのために?なんのために?』終戦の日、平和に深く感謝

歌手の早見優が終戦記念日の15日、自身のブログを更新。「戦争を知らない世代が戦争の話を聞くことが大切だと思います。」と呼びかけた。

令和初の『終戦の日』となったこの日、早見は「終戦から74年になります。」と振り返り「私自身戦争を知らない世代ですが、毎日平和に生活を送ることができる事に深く感謝しています。」と綴った。

 

続けて、「世界のどこかで戦争は今も起きています。だれのために?なんのために?」と問題提議し、「戦争を知らない世代が戦争の話を聞くことが大切だと思います。」と、風化させないように呼びかけた。

この投稿に、ネット上では「戦争ほどツラく悲しい出来事は無いですね」「早見さんのような方が、この日に更新されるのは意義深いです。」「とっても同意します。」などと反響を呼んでいる。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。