早見優、舞台稽古開始に『本読みもマスクとフェイスシールドをつけて』

タレントの早見優が16日、自身のブログを更新。舞台の稽古が開始されたことを報告した。

この日、出演する舞台の稽古が開始されたようで「制作サイドより、フェイスシールドが配られ(た)」と、マスクとフェイスシールドを着けた自撮りショットを公開。報道されている一部の舞台では、武漢ウイルスの大規模なクラスターが発生していることもあり、「本読みもマスクとフェイスシールドをつけて行いました。」と厳重な感染対策を実施しているようだった。

 

稽古については「やっぱり劇団の皆さんは、本読みの段階から、すごーく役に入り込んでいて、凄いなぁ、と圧倒されました」とワクワク感を綴った。

この報告に、ブログ読者からは「今、大変ですね。染しないようにしないとね」「感染防止対策の中での稽古は大変かと思いますが 無理せず乗り切ってください」「色々制限があって大変だと思いますが、舞台本番の無事開催と成功を祈ります」などのメッセージが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 



  1. 匿名 より:

    フェイスシールドありでも美人ですね!さすが



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。