早見優、フェイスシールド必須の舞台稽古『滑舌気をつけるようになりました』

タレントの早見優が3日、自身のブログを更新。舞台稽古の近況を綴った。

先日、舞台の稽古が始まったことを明かしていた早見。コロナ禍での稽古はフェイスシールドとマスクが必須のようで「私も役者さんたちも段々マスクとフェイスシールドを着用しながらのお稽古にも慣れ、滑舌も気をつけるようになりました。」と、近況を報告した。

 

続けて、マスク姿の舞台仲間の写真をアップ。「こちらはリハーサルが始まる前に撮った写真なのでフェイスシールドはまだ着用していませんが、この後、しっかりとされていました。」と感染対策は各個人がしっかりとしていることをアピールした。さらに、「中村香織さんは、とても動きがキュートで、さすが舞台の経験が長いだけあって、動作などが毎回違い、とにかくキュンキュンします」と絶賛した。

この投稿に、ネット上では「晴らしい舞台になるだろうと思います」「可愛らしいポーズ!」「フェイスシールドをつけての稽古だと色々大変だと思いますが頑張ってください」などのコメントが寄せられた。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。