性転換した元男性、女性陸上競技で圧勝し批判殺到「生物学的な性別でるべき」「骨格違うしなー」

女性に性転換した元・男性選手が女子陸上大会で大差をつけ圧勝

性転換手術前は男性の陸上競技選手として活躍していたシーシー・テルファー選手。先月25日に米テキサス州で行われた全米大学選手権「NCAA 2019」にて、400mハードル走で優勝。女性向け競技に出るのはフェアなのか?と物議を醸している。

男性として生まれたシーシー・テルファー選手は、去年までは男性選手として陸上競技に参加。しかし記録は振るわず、アスリート上位200圏外。2018年1月にバーモント州で行われた陸上大会(男子400m走)では、9人中8位という結果だったという。

 

性転換手術後の今回の彼女のタイムは57.53秒。59.21秒でゴールした2位の女性選手に1秒以上もの大差をつけ、勝利した。

この結果について、オーストラリアの女性トップアスリートは「アンフェア」とコメントしているが、NCAA運営側は「(トランスジェンダーだから)有利だという医学的証拠はない」と反論しているようだ。

ネット上では、「骨格違うしなー これダメだろw」「こういうことはいずれ起きると思っていた」「生物学的な性別で出るべき」などと物議を醸している。

引用:dailymail

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。