弱小事務所から再出発の小出恵介、前事務所には『活動再開をご理解いただいた』

俳優の小出恵介が2年ぶりに日本の芸能界に復帰。芸能事務所リズメディアと専属契約を締結したことが分かった。

小出は17年、未成年だった女性との飲酒等をスクープされ、当時所属していた事務所アミューズから無期限の芸能活動停止処分が下された後、18年6月に契約が終了となった。

 

小出は21日、リズメディアに公式サイトを開設。「深い反省と、自分自身を見つめ直す3年間を経て、再び役者としてセカンドチャンスを頂けましたことに、今は感謝の気持ちでいっぱいです。」と心境を明かし「ご心配をおかけした関係者やスタッフの皆様、叱咤激励をくれた仲間や家族、そして応援して下さるファンの方々へ、少しでもお返ししていけるよう、これからも役者として精進してまいります。」と決意を表明した。

また、小出はサンケイスポーツの取材に対し「(新事務所リズメディアの)谷川社長と、活動再開をご理解いただいたアミューズの大里洋吉会長、涙を浮かべながら喜んでくれた俳優仲間、そして両親に感謝したいと思います」と前事務所とは円満な関係であることを訴えている。

小出の活動再開に、ネット上では「アミューズ復帰じゃなくて他の事務所か… 」「この人が穴あけたから三浦春馬が多忙になったんだよ」「アミューズに数億の借金抱えさせて他の事務所でどう恩返しするんだ」「いいタイミング 山Pさんに感謝しろよ」「山Pを擁護した後だからメディアも批判出来ない」などと物議を醸している。

画像引用:リズメディア

 


  1. 匿名 より:

    仁とのだめを再放送してほしい!
    頑張ってください

  2. 匿名 より:

    この人割りといい仕事してて前から好きだった俳優さん。
    はめられた感のある事件で干されたけど、山Pはおとがめなし。
    どっちの方が悪質かはわからないけど、ジャニーズには甘いんですね。
    これからはいろんな落とし穴に気を付けて頑張ってほしいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。