山口真帆と犯人の関係...新事実に「こんな事言って良いの?」「潰しに来たね」の声

山口真帆と犯人の関係…新事実に「こんな事言って良いの?」「潰しに来たね」の声

08.26 週刊大衆
NGT48活動再開の陰で…山口真帆「援助問題」疑惑が大噴出

現在、運営会社がファンの犯行グループを相手に損害賠償を求め係争中だ。事件当時、一部メンバーが警察に事情聴取も受けていた。司法関係者が新情報を明かす。

「犯行グループが、ここにきて“暴行事件などなかった”と主張し始めていると言うんです。それも、“山口さんとはもともとお互いの携帯番号まで知り合う仲だ”と語り、一アイドルとファンを超えた関係だったと証言しているようです」

 

だが、それだけではない。
「犯行グループの一人は、“山口さんがプライベートで着ている服を、自分が買ったこともあり、事実上の援助をしていた”とも主張しているんです。もちろん、犯人側が裁判で有利になるために一方的に嘘を語っている可能性もあり、鵜呑みにはできませんがね……」

一方、にわかに信じ難いが、次のような話もあるという。
「山口さんは、普通は買えない数万円はするバレンシアガという高級ブランドの帽子を持っていて、羽振りがいいなという印象がありました」(音楽関係者)
引用:週刊大衆

この報道にネット上では、「だったらそもそも警察は出動していないw」「潰しに来たね」「ハゲにも優しい山口さんが悪なわけない。 」「無理やり家に押し入っていいわけないじゃん」「今更これ言い出すのは不自然すぎだろ」「運営と犯人が結束した?」「司法関係者はこんな事言って良いの? 」などと批判が殺到している。

引用:週刊大衆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。