山中美智子、今度はリーフデザインにパクリ疑惑「そのまんまって感じw」「そっくりすぎ」の声

恋愛リアリティ番組・テラスハウスの初期シーズン(湘南編)に出演していた山中美智子。現在はアパレルブランド「アリシアスタン」の経営兼デザイナーとして活躍しているが、デザインの一部商品に盗用疑惑が浮上している。

問題となっているデザインは、2018年春夏コレクションで発表したリーフデザイン。グリーン色を基調としブルーやパープルのグラデーションが特徴的で、現在販売中のビキニや一部アパレル商品にプリントされている。

しかしネット上では、海外デザイナーのインスタグラムに紹介されているリーフデザインと酷似していることから、山中にデザイン盗用疑惑が浮上している。

ネット上では、「クリフフェザー柄盗用に続き今回はローレンさんのリーフ柄盗用疑惑」「本物のアーティストさんがデザイン盗作される方が胸が痛むわ」「これは似てるだけじゃない。そのまんまって感じw」「そっくりすぎます!言い逃れようのないほど。」などと大バッシングに見舞われている。

山中美智子は昨年、海外デザイナーのフェザーデザインを無許可で利用・商品化した疑いがあり、自身のインスタグラムが大炎上、コメント欄を閉鎖する事態となった。

左:山中美智子デザイン
右:海外デザイナーのローレンさんデザイン

 

2017年2月18日のインスタグラム投稿で、手描きをアピールしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。