小柳ルミ子、保釈時の沢尻エリカに喝『一体どれだけ多くの人達が大迷惑を被っているか』

歌手で女優、小柳ルミ子が6日、自身のブログを更新。勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈されるも、報道陣の前に姿を見せなかった沢尻エリカ被告について「謝罪 お礼 感謝の意は1分でも1秒でも早い方が良い」とメッセージを送った。

小柳は保釈時の沢尻について「世間に顔向け出来ないのだろう」と理解を示しながらも、「だが、彼女の無責任な行いで、一体どれだけ多くの人達が大迷惑を被っているか、考えた事ありますか?大河のスタッフ、キャストの皆さんの怒り、苦しみを思うと、可哀想で可哀想で胸が張り裂けそうです。どれだけ辛くても、自分が引き起こした事。本当に反省の気持ちがあるのならば、カメラの前で示して欲しかった」とつづった。

続けて、「謝罪 お礼 感謝の意は1分でも1秒でも早い方が良い」と私見を述べ、「エリカちゃんピンチの時こそ チャンスだよ!薬の力を借りなくたって真面目に頑張ってれば楽しい事は沢山あるまだまだ若いのだからやり直すチャンスは幾らでもある」とメッセージを綴った。

この投稿にネット上では、「さすがにクスリはピンチでしかない」「芸NO界ほどユルいとこ無い」「この状況で使う言葉じゃない」「犯罪を起こしたことはピンチじゃねーぞ」「クラブ遊びとクスリが人生で一番楽しい人がそれを絶てる訳がない」「ピンチって自業自得なのに」などとツッコミが続出している。

画像引用:Google画像検索

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。