小倉優香、2週に渡って罰ゲーム強要か『度が過ぎている』『ただのイジメ』

女優の小倉優香が生放送の番組内で降板宣言したことについて物議を醸している件について、今回、小倉が罰ゲームを2週にわたって強要されていたことが新たに発覚。現在、ネット上では番組サイドへの批判の声が殺到している。

小倉が拒否した罰ゲームは、ふーみんというお笑い芸人の「奥歯をガタガタ言わせ節」というネタを完コピするというもの。若い女性にそういったネタをやらせ、深夜ラジオで楽しもうという罰ゲームだ。

 

小倉は、早寝早起きのリズムが辛いことなどを理由に「辞めさせてください」と降板を直訴していたそうが、こういった背景が「(番組終了後)そそくさとスタジオを出て行った」と型破りな行動につながったのではと、指摘されている。

ネット上では「気持ち悪い。最低だね。」「普通にこんなんやりたくないわな 度が過ぎてる」「昔から芸人がアイドルにへんなこと言わせて喜ぶラジオあったけど誰に需要があるんだ? ただのイジメだろ」「番組打ち切りだな 」などのコメントが寄せられている。

画像引用:Google画像検索

 


  1. 匿名 より:

    気持ち悪い

  2. 匿名 より:

    芸能界って女性への扱いが最悪ですよね。
    だから見る人が減ってるんだよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。