大塚愛「真夜中のインターホン」元夫SUの不倫相手からの”嫌がらせ”がヤバイ【画像】

歌手の大塚愛が今月21日、「RIP SLYME(リップスライム)」のSUと離婚したことを発表した。

SUは昨年4月、22歳のモデル・江夏詩織との不倫が報じられており、大塚は離婚に至った心境について「耐え難い毎日」であったと明かしている。

今年7月に大塚が配信リリースした「あっかん べ」では「嫌がらせしてくるような あの子はいらない 人生にいらない 真夜中のインターホン お化けじゃあるまいし ある意味お化けだし 白のスカートって」などと、夫の不倫相手を思わせる歌詞を綴っていた。

関係者によると不倫報道後、相手女性の「嫌がらせ」は、大塚が被害届を提出するほどエスカレート。子供にも危険が及ぶことを危惧し、昨年から別居生活を続けていたという。 またその際、SU側から養育費が支払われることはなかったようだ。

また、不倫相手とされている江夏詩織は、某ファッション誌のインタビューで「数ある趣味の中で今一番夢中なのがスライム作り♡」とSUの存在を匂わせていた。

ネット上では、「白いスカート履いた不倫相手が突っ立ってたんだろうね」「不倫相手の逆ギレこわ」「SUも随分な地雷女に手を出したもんだな」などのコメントが寄せられている。

画像引用:Google画像検索

週刊誌のスクープ写真

不倫相手の江夏詩織「夢中なのはスライム作り♡」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。