堀ちえみ『癌はもはや治る時代なので』に 非難の声「助からない命もあるんです…」

今年2月にステージ4の舌癌と首のリンパの手術を受けたタレントの堀ちえみが6日、自身のブログを更新。術後検査で耳鼻科の診察を受けたことを報告した。

経過は順調なようで「私の場合は、首のリンパ節に転移していたものの、幸いにも散らばっていませんでした。手術で綺麗に取りきれたという事で、主治医の先生方の診断により、追加の治療はしないという事で、今に至るわけです。」と説明。また、お世話になった病院スタッフに対して「やはり信頼出来る先生方に、お任せするのが最善だと思ったからです。舌もリンパ節も、悪い部分を根こそぎ、きちんと取り切ってもらえた事に、心から感謝しています。」と感謝を綴った。

 

続けて「今日の診察の、先生のお話の中で、一番心強かった言葉。」とし『癌はもはや治る時代なので』と勇気付けられたことを明かした。

「5年間は診察と検査は続くけれど、舌癌に関してはもうない。そう思ったら、まだまだ上手く喋れない事なんて、どうでもいい事。」「癌という病気に捕らわれるのではなく、もっと心を自由にして生きた方がいいと、悟りました。」と吹っ切れた様子だった。

この報告にブログ読者からは、「本当に医学の発達は目まぐるしいですね」「担当の先生の心強いお言葉は、私の心にも響きました。」「私まで元気をいただきました。癌は治る病気、ですね!」「私は、ちえみちゃんに勇気づけられてます。いつもブログありがとう」などと感謝の声が多数あがった。

一方で、「世の中にどれほどの人が癌と闘ってるか知ってる?」「今、舌癌と闘っている家族にはこの言葉は禁句」「友人を癌で亡くしました。助からない命もあるんです。もう少し言葉の重みを考えてほしい」「もう治らないって言われながら延命を頑張ってる患者もいるんだよ?」などと非難の声もあがった。

画像引用:アメブロ

 


23 / 23First...«1920212223

  1. 匿名 より:

    舌癌で6割もとり新たな舌は


23 / 23First...«1920212223

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。