堀ちえみ『生きていれば何とかなるさ!』自分のモットーをつづる

タレントの堀ちえみが29日、自身のブログを更新。断水を理由に、大型商業施設に出かけたことを報告した。

この日、水道工事による午後1時から5時の断水を理由に、息子と東京ドームに併設された施設「ラクーア」にランチに出かけた堀。「定食屋さんみたいなメニューなので、好きですね。」とお気に入りのカフェで注文した「びんちょうマグロのレアカツおろしぽん酢定食」「サーモンの塩麹クリーム定食」を嬉しそうにアップした。

 

続けて、「早めに家に戻っても、我が家の地域は本日工事のため、断水なので何かと不便…」とし、カフェチェーンに寄ったことを報告。コーヒーやドーナッツをアップし「(カフェは)結構空いていたので、1時間ぐらい居たかなぁ。」と長居したことを報告。親子で特に会話することもなく、息子は「相変わらず物静かに読書をしてます。」と時間を有意義に過ごしていたようだった。

そんな息子を横目で見ながら、堀は日頃寄せられるブログ読者からのコメントに返信。「皆様いつも温かいメッセージを、本当にありがとうございます。」と感謝を綴り「生きていれば何とかなるさ!と私はいつも思って、悪いものは跳ね飛ばして、生きていっています(笑)」と自分のモットーをシェアした。

昨年2月に受けたステージ4の舌癌の手術以降はさらに、「心が折れても、ドン底まで行けば、あとは這い上がるしか道はないんですよ。生命さえあれば、何でもできる!努力することもできる だから願いは叶う!」と前向きになれたようで、「いつもありがとう!感謝です。」と応援してくれる読者へ、重ねて感謝した。

この日の投稿に、ブログ読者からは「今日58人の感染者出ているのにラクーアかぁ。この人コロナ怖くないんだね。」「いくら解除されたからといって 毎日毎日出かけすぎ」「今日も感染者増えそう こんな考えの人ばかりで…。」「ソーシャルディスタンスなんて何かのリーダーみたいに仰ってたのに、意気揚々と外食ってズッコケる」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 


  1. 匿名 より:

    しかしまぁ…
    いつ読んでも同じ内容のブログね。
    ひと月読まなくても変わらないんだろうな。
    永遠に金太郎飴状態?

  2. ブログは全部自分一人で投稿しているの? より:

    だとしたら、「食っちゃ寝」と「徘徊」以外
    ほとんど何もしていませんね

    1日15回が定着してきましたね
    しかも文章が毎回とても長くてクドイ
    毎日同じとは言え、写真も沢山選んで投稿

    口から出任せの綺麗事や
    自分を良く見せる為の嘘ばかり

    人生はままならないのに
    「何とかなるさ」
    努力が大嫌いな女が
    「努力をすると願いが叶う」
    自分に同調しない人を悪と考え
    「悪いものは跳ね飛ばして、生きていっています」
    と、悪いもの=絶縁した家族 まさに跳ねて飛ばす

    ケセラセラ
    なるようになっていますね

    努力せず、不義理をし、嘘しか言わない
    だから、仕事もなく、家族も離れ、友人も離れ、
    容姿も崩れ、まさにどん底の現在

    幼少の頃から
    家族の厄介者
    だから祖父に嘘つく癖を指摘されていた

    尼子ハウスにカメラ設置し
    この人の1日を見れたら大爆笑ですね

    常にスマホを握りしめ
    小道具部屋から
    ちっさな白雑巾、ダイソン、カラリエ、スポンジ、白檀の線香等々を取り出しパシャリ

    愛犬をおやつフリフリ、パシャリ
    用意した1人分の朝御飯をパシャリ

    パシャリが済んだらあとは
    小道具を小道具部屋に戻し「食っちゃ寝」

    ブログでしか自分を出す事ができない
    だって仕事がないし、話せる家族や友人も
    誰1人いないから

    • 匿名 より:

      あ〜愉快!おっしゃる通り!
      尼子ハウスの1日観察したいわ〜
      ↑書かれてる事がお上手なので、見えるようです。

  3. 疑惑のステージ4 より:

    堀さんの【舌癌ステージ4】は確かにかなりのインパクトでしたよね。
    五年生存率45%のものをテレビで公表する。
    金スマで堀さんが歌う前に『最後になるかもしれないから』と言ったら、中居くんは『… かもしれないですね』と静かに言っていた。お父さんが肺癌、食道癌の苦しい闘病の末亡くなられた、、ステージ4の過酷さは誰よりも知っていたと思います。
    金スマ公表後はあっという間に堀さんのブログは一位になる。その動向は注目され、術後数ヵ月で闘病記まで出版する。タイトルはステージ4をもじった(本人弁)『Stagefor~』。
    やがて【ステージ4】と【壮絶リハビリ】を引っ提げて各テレビ局のインタビューも受ける。けれどもいつも細かい病状は話さず画像もなく、大抵は【家族の支えと根性で頑張りました】というお涙話。
    しかし【ステージ4】とは程遠い食生活と行動に疑問を呈する声もテレビに出れば出るほど多くなっていっている。。
    『何故堀さんはステージ4なのに追加治療をしないのだろう』
    『6割以上が皮弁のはずなのに何故ストローも使えるし何でも人一倍食べられるのだろう』…どんどん疑問は膨らんでいく。
    『頭頸部がん患者友の会』の大阪代表の三木祥男氏がインタビューに答えられているものがありました。三木さんは堀さんと同じ舌癌ステージ4。
    『後遺症により現在でも毎回の食事に2~3時間かかり、自分の唾液で誤嚥してしまったり、飲み物を自由に摂ることができません。また、言語障害もあり、始めて会う方だと私の言葉がうまく伝わらないことがあります』と言われています。

    https://cancer.qlife.jp/pn/pn001/article6845.html

    同じ患者会の東京代表の佐野さんもステージ4で術後数年経ったいまだに流動食だと堀さんへの手紙の中にも書かれています。
    【ステージ4】なのに、 ・何でも食べられる。退院してからはトロミ食でも流動食でも無く、普通にお蕎麦も啜るし何でも人前でも食べる。いや普通の人以上にに食べられる
    ・皆さん唾液の多さには苦労されているようです。堀さんはよだれの話など一度もしたことがないですよね。
    ・ステージ4は『限りなく転移再発の可能性が高い』と書かれているものもあります。なのに、堀さんの医師は『追加治療をしなくてもよい』と断言する。そして何よりも本人が再発転移を恐れていないような毎日の食生活、行動。
    小川満鈴さんも堀さんの【ステージ4】の違和感…を何回か書かれています。

    インパクトの強いステージ4で引き付けたけど、かなり大変な闘病生活のはずなのに堀さんの現実は全く違う…注目された分指摘されることも多くなってきましたよね。
    しょうがないですね。
    堀さんが蒔いた種ですから。
    その疑惑はどんどん大きく広がって来てますよ。
    『いや私は確かにステージ4です!』といわれるなら、早急にちゃんとした説明をされた方がよくないですか、主治医同伴で。
    それでお金を得たのですから、説明する責任が堀さんにはありますよ。

    • 匿名 より:

      堀さんは東大病院の歯科にかかった日に、手術後に唾液が減ったので、虫歯になりやすいと書いていた事が有りますよ。皆さんは唾液に苦労されているのに、有り得ないと思いましたので、良く覚えています。

      • 匿名 より:

        私も覚えています。

      • 匿名 より:

        のちに手術の時に唾液腺を取ってたと医者に言われて驚いたと書いてましたね、黙って取るか!?とその時にがま種だなと確信しました。
        私の場合、がま種だけの簡単なオペでしてが、再発繰り返したりすると唾液腺を取らなければならないと言われるからです。その際、首を切開して取るので入院してのオペだと説明受けました。
        関西のとある大学病院です。幸い再発なく過ごせてます。

        • 顎下ガマ腫 より:

          左側の顎下が膨らんでいるので、堀さんは私もガマ腫だと思います。

  4. 匿名 より:

    生きていれば何とかなる?

    あれ?
    このまま命を閉じてもいいとか発言してませんでした??

  5. 匿名 より:

    あなたのその ”生きていれば何とかなるさ” という言葉が、”癌患者さんと寄り添っていきたいと” 言ったあなたの言葉と、相容れないものがあるのです。
    癌を患うと ”生きていく” こと自体が大変なのですよ。分かりますか。

    抗癌剤や放射線の治療を受け、毎日薬を飲んで、”生きている” 人にとっては、あなたの言う ”生きていれば何とかなるさ” とは考えられないのです。本当にこの意味が分かりますか。 

    あなたは、舌癌ステージ4を ”奇跡的” に乗り越えたようですが、 私達癌患者は、そうはいかないのです。辛いときも ”生きていかなければいけない” と思いながら、毎日を過ごしていますから。

    あなたが真剣に癌患者のことを思ってくれるならば、言葉を考えながらブルグに載せてほしいですね。あなたは癌患者の気持ちは分からない人なのかと思いますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。