堀ちえみ、JALからのお見舞い品公開も「ビジネス臭たっぷり」「タダで宣伝に使われてる?」と物議

ステージ4の舌癌の手術を受け入院中のタレントの堀ちえみが22日、自身のブログを更新。 日本航空(JAL)の広報から千羽鶴や寄せ書きの見舞い品が届いたことを明かした。

7000羽の千羽鶴と、客室乗務員姿の堀の似顔絵が描かれている寄せ書きを、所属事務所を通じて受け取った堀は、「とても感動しました。鳥肌が立ち涙が溢れて来ました。 皆様の熱い思い。優しい気持ち。そして祈り」と感激をつづった。

 

さらに、「『スチュワーデス物語』から、35年以上経つというのに、こんなに大切に思って頂き本当に有難いです」と80年代に自身が主人公として出演した、JALの客室乗務員訓練生を描いたドラマ『スチュワーデス物語』に感謝した。

最後に、「あの鶴のマークの機体に搭乗したいです。 今年のゴールデンウィークは、とても長いお休みなので、この辺りで実現出来ればいいなぁ。」とJALでの旅行を新たな目標に掲げた。

堀は毎週木曜日、大阪でのレギュラー番組『ちちんぷいぷい』出演時は、自宅のある東京ー大阪間でJALを利用。年明けに所属事務所との契約が業務委託に変更される前までは、同社のファーストクラスを利用し、機内食を毎週ブログにアップしていた。またある時には、スチュワーデス物語に憧れてJALの客室乗務員になったという、乗り合わせた客室乗務員からの手紙を公開。感謝の思いを綴ることもあった。

しかし、堀のJALからのお見舞い品アップに、ネット上では「JALの宣伝、好感度アップ?」「ブログに書くだろうと予想され、まんまとタダで宣伝に使われる堀ちえみ、乙」「JALもビジネス臭たっぷり ブログがニュース記事になる事は計算済み~」「薄情なくせにこういうパフォーマンスはホント好きな、日航」「日本航空は縁起悪いわ」などと物議を醸した。

また、「鶴を折った多くの方は、この人が空港内の撮影禁止の所を世界発信したなんて誰も知らないんだろうな」「自作自演の手紙を思い出す。よくあんな事を考えたな」などと、堀が空港内の撮影禁止エリアで無断撮影したことや、ファンレターの自作自演疑惑など、過去の炎上騒動を蒸し返すようなコメントもあった。

画像引用:アメブロ

 


  1. 匿名 より:

    別にアンチじゃないけど、違和感が募る一方・・・
    1回手術したからステージ4の癌がもう「過去の話」になって、来月の大型連休には飛行機で旅行って・・・これ普通なんですか?

    36+
  2. 匿名 より:

    もう もう もう マジ ウザい!!!
    癌商人 堀ちえみ〜大・大・大・大っ嫌い!
    ブログ閉鎖して うせろーーーーーーーーー

    34+
  3. 匿名 より:

    本人に似ても似つかぬ似顔絵 ww
    いくら整形繰り返してるからって!こりゃ無いよな〜一体いつの時の顔なんだか w
    てか 相変わらずの自慢ブログだな…
    舌癌啓蒙は何処へ?またまたやられましたね〜 さっすがブログ乞食 ww
    死ぬまでこいつの性根は変わらんね!!

    43+
  4. 匿名 より:

    35年前って、あんたの代表作がそれしかないからだよ笑
    ばかも休み休み言いたまえ

    50+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。