堀ちえみ、退屈しのぎに2キロの散歩報告「さっさと退院すれば」「一服?」の声

ステージ1の食道癌の内視鏡手術を受け、都内の病院に入院中のタレントの堀ちえみが19日、自身のブログを更新。「身体の辛さや痛みが和らいでくると、退屈さも感じ始めます。」とのことで、退屈しのぎに散歩に出かけたことを報告した。

この日は2キロほど歩いたという堀。「前回の入院中よりも早く歩ける事に気が付き、ちょっと驚きました。退院してから筋力が付いたようです。」と驚きを明かした。2月末に受けた舌癌手術の入院時には、5キロの散歩やスクワットを報告していた堀。体力には自身があるようだ。

 

続けて、「筋力が落ちるのはあっという間だけど、もとに戻すのは時間が掛かるので大変です。今回の入院では、なるべく筋力を落とさないよう、コツコツ努力したいと思います。」と対策を講じた。

ネット上では、「シンプルにさっさと退院すれば?」「内視鏡の手術後って、安静にしていないといけないんじゃなかった?」「日帰りでも可能そうな処置のに何故入院?」「また散歩?一服とかしてないよね?」「いつから病院は、ホテルになったんだよw」などと物議を醸している。

画像引用:アメブロ

 


  1. 匿名 より:

    本当に堀ちえみの病院・担当医師はそろそろ名誉毀損で訴えてもいい頃だと思う。
    医療従事者は守秘義務があるから、間違っても患者の医療情報なんか話せないのをいいことに、ここまで辻褄の合わない話を言いたい放題まき散らされて、病院もある程度特定されてる以上、病院の評判低下につながってるはず。
    舌がんステージ4も、複数の医院や大学病院がすべて誤診や見落としを繰り返した結果、突然ステージ4で発見されたことになってるけど、あんなにしょっちゅう人間ドックや精密検査を受けてて、口を開ければそこに見えてるステージ4の癌が見つからないってすごく不思議だった。
    このままこのホラ吹きを放っておくと、東大病院の評判にも深刻なキズがつくのでは?

    56+
  2. 匿名 より:

    こんな大変な術後に外を歩かせて何にも注意しない病院って・・・。
    もしこれが本当だったらここの病院患者をなんだと思ってるのか。
    こんな病院怖くて行けない。

    60+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。