堀ちえみ、術後の壮絶な痛み告白も「ブログは更新できるのに?」「意味不明」の声

ステージ4の舌癌の手術を受けたタレントの堀ちえみが1日、自身のブログを更新。手術直後に「壮絶な痛み」があったことを明かした。

堀は、「昨日の夜は主人と、社会人の息子あきひろが、顔を見に来てくれました」と報告。「術後あきひろは初めてなので、寝込んで動けない私を、想像していたみたいです。術後一週間程で、しっかり動いている、私を見て驚いていました」と経過は順調の模様。

 

しかしながら、「手術直後は、壮絶な痛み、苦しみ、辛さに、心が折れてしまいそうになりました。」と堀。「こんな手術受けなければ良かった なぜ、 もっと早いうちに悪性だと気付かなかったのか…など、良くない方向に気持ちが、進み始めてしまいました」と後悔を綴った。

それでも、病院スタッフの励ましを受け、「皆さまの優しさが、本当に身に沁みます」と感謝の思いを表した。

この投稿にネット上では、「早く良くなるといいね」「唾液飲み込むのも大変そう」「でも手術した翌日に長文のブログ更新 してたやんw」「意味不明 痛くてもブログ更新できるだろ」「この人、テレビで難病の人を茶化してたから 同情出来ない」「安倍総理を馬鹿にした天罰だったりして」などと、様々なコメントが寄せられている。

【動画】堀ちえみ&桂南光、安倍首相の国指定の難病を茶化していた過去「ブーメラン怖すぎ」の声

画像引用:アメブロ

 



  1. 匿名 より:

    『こんな手術』という書き方は執刀して下さった先生に対して失礼です。
    せめて、退院するまでブログ休んで療養に専念して下さい!
    ブログのことを忘れて『命』と『心』の勉強をされたらどうですか?
    後『自分はオフィシャルブログをするに相応しい人なのか』もよ~~考えて下さい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。