堀ちえみ、舌癌手術から約一年半『術後初めて口蓋垂が見ることができた』

昨年2月にステージ4の舌癌の手術を受けたタレントの堀ちえみが1日、自身のブログを更新。術後初めて、喉奥の口蓋垂(こうがいすい)を見ることができたことを報告した。

舌癌による舌の6割の切除で、舌の中心を凹ます筋力がなくなってしまった事から「先ず息も続かないし、音程やブレスなどのコントロールも、出来ません。」と歌手として致命的な状況に陥ってしまったという。試行錯誤の上、「下顎に舌を収納させるという技」を身につけられるよう努力し、毎日トレーニングした所「大きく口を開けて、舌を下顎に収納して空洞を作る。やればできるじゃか!」と成果が。

この日、術後初めて「自分の口蓋垂が見ることができたのです!」と、嬉しそうに報告した。

 

夫に告げると、「うわ!ホントだ!」「良く頑張ったな」と褒めてもらったようで、「今夜は僕がご飯を作るからゆっくりしていていいよ!」と、ご褒美に缶詰のさんまを使った、ザ男飯なパスタをごちそうになったことを報告。堀は「やさしさと愛情たっぷりの味」と絶賛した。

ブログ読者からは「皮弁は神経ないから凹ませれんでしょう?どうやるの?」「入院中にペコぱんだの1番硬いものまでクリアしているのでは?」「毎日、ご飯を作らない言い訳が長い」「珍しくテイクアウトじゃないと思ったら、パスタに缶詰乗せただけやんw」「なんか生臭いの好きだよね」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 


  1. 24時間テレビ より:

    出演の可能性が濃厚になってきましたか?
    コロナの関係で取材がままならないから、この人みたいなネタはテレビ局としては美味しい話しでしょう
    番組に苦情入れるのも手ですが、スポンサーにクレーム入れる方がもっと効果的と話しは聞きますが
    しかし、大胆ですね
    同病者や関係者の方たちから見ればこんな稚拙な表現をウソだと見抜かれるであろうに堂々とブログに書いて
    テレビに出ても手術の方法をしれっと「王道のやり方で」なんて言ってのけちゃうんですよ!
    でもテレビに出演していっぱいウソの証拠残せばいいんですよ
    自ら泥沼にハマっていけばいいんですよ

    • 匿名 より:

      話し二転三転四転、、ちえみの病気物語、多弁が災いして墓穴~!
      王道のやり方、頭頸口腔がん畑における標準治療のイロハを知らないようですね。

      まがりなりにも!
      大々的に発表、金スマに売り込んだカミングアウト、ステージ4ですよ?
      歌っちゃうし!
      早見優に突然告白するし!
      なんなんだよこのお涙頂戴ヤラセ感は、、、引いたわ~。

      あれから一年半近く、ちえみブログ読んでますます引いたわ~。
      もうこれ以上引けないくらい引きまくりのドン引きっ!!!!

      ペコパンダとか、あり得ないから!
      術後すぐスクワットとかも!
      どうしてこの人は次から次へと話しモリモリ大盛りにしまくるんだろ?
      自分で頭の整理できないなら、マネージャーに設定担当させればいいとでも思った?
      夫婦共同作業のビョーキビジネス、転落の一途しかたどらないよ。
      自分で蒔いた種、自業自得だからね!泥沼ずっぽりがお似合いです。

    • 同感です より:

      堀さん自ら作った泥沼です。ハマるのも沈んで行くのも自己責任。誰も助けてはくれません。そのくらいの覚悟があってやっているのでしょう?
      この先何があろうとも、他人に責任転嫁したりお得意の長文コメでの言い訳は通用しませんよ。もはやここまで来てしまうと後戻り出来ない、突き進む他ない状況。
      それも理解せずただ浮かれているのなら、本当にただのあんぽんたんです!

  2. 今、愛する より:

    だんな様作という缶詰パスタブログ読みました
    あれあの人作のパスタですよねー
    ダーリンのじゃない
    長いことブログ読んでると誰が料理したものかわかるようになってきました
    最近土日もだんな様の影がないような
    異様に相手を持ち上げる時ってその逆の状態、この人の常です

  3. 匿名 より:

    8月22日・23日に放送される日本テレビ系『24時間テレビ43』内で、スペシャルヒューマンストーリー『誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-』(22日 午後9:00頃~)と題して、今年亡くなった志村けんさんの特集が放送されることが決定とあります。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/815b73254c9d30ab36850721f9de0e3469903254

    しかし番組の中には、ドキュメンタリーというコーナーもあり、そこでは闘病者にスポットライトをあて、感動の実話を紹介するとあります。出演するとすれば、この人はこのコーナーにでるのでしょうか。

    もし出演するなら、番組側は、この人のブログの情報に頼るのではなく、きちんとした舌癌ステージ4の情報(病院の証拠写真等)を掴んだ上で、登場させるようにメールをだしてみるのも一つの方法かとも思います。

    https://www.ntv.co.jp/staff/goiken/form.html

  4. 匿名 より:

    昨日のお昼ごはんのとき、あなたはわざわざ ” 主人と私は小盛りで。息子楓季の大盛り。そして彩月の並盛り。” と言いましたが、どうしてこういう言い方しかできないのかな。食事って比較するものではないでしょ。それに舌癌ステージ4の病気のあなたが、息子と同じものを、同じ量だけ食べられること自体おかしいです。

    食事でこういう方をしたのは、これが初めてではありません。以前にもあなたは自分の量が少ないと言いましたよね。

    息子は若いのだからもっと食べさせてあげなさいよ。あなたは毎日デザートも食べて’いるのに、息子はデザートはほとんど食べないじゃないの。

    こういうことをブログに載せる母親の気持ちがわかりません。食事と言うものは、本当なら子供が中心のはずが、あなたの場合には、母親が中心ですね。おかしい親子関係だこと。

  5. 何度も小さくなった舌 より:

    『下顎に舌を収納するという技』…入院中にペコぱんだの1番硬いものまでできていた人が、今さら下顎に舌を収納するのが【技】なのですか。
    それに堀さんは今年の2月6日のブログで、
    『鏡で舌を見て驚きました。短期間で形が変わって、今までの厚みが一気に縮んで、小さくなっていたのです。切除範囲が大きかった為に、皮弁に隠れていたもともとの舌が、とてもよく見えるようになりました』『申し訳無さそうに顔を出した先輩舌』…と書いている。

    http://archive.is/aNYtX

    【先輩舌】とは残っていた舌根の事ですよね。堀さんが自ら書いた舌の切除図では残っていたのは右端と喉の奥の舌全体から5分の一位の所、右端は普通に見えるので先輩舌とは奥の舌根の事ですよね、皮弁の厚みで今までは見えなかったと言っているのだから。
    ちょっと鏡を見て口を大きく開けて見ました。舌根…舌の奥の方が見えたら口蓋垂(ノドチンコ)も普通に見えるのですが。。
    既に2月 20日の時点で口蓋垂は見えていたのではないのですか?堀さんが言ったことを辿ると。。舌の奥だけ凄い隆起ということもない、皮弁の方が厚みがあると言っていたのだから、薄い舌根の向こうの口蓋垂は当然見えるはずだと思いますが。。

    しかし、堀さんは術後、舌が何度も『小さくなった』とか『薄くなった』と言っている。それだけ薄くなったのなら元々はかなり厚いはずですが、1番最初に6月にチラッと見えたとき、本の出版のプロモーションのインタビューでかなり全体が見えたときは【普通の厚み】で、あれでは口蓋垂は普通に見えるはずだと思いますが。。

    最初の方からずっと同じ普通の舌の厚みに見えました。不思議ですね。

    もしかしたら、、あのプロモーションの頃にはやはり映像では淀みなく次から次へと話しているのに(実際にインタビューしたフジテレビのアナウンサーが『かなり普通に話されてました』と言っていた)、アテレコにしたのは、あの頃はまだ覚束なかった、【壮絶リハビリ】で今のようになった…という長い長い演出なのでしょうか。
    だとしたら本当に怖い。
    でも、設定もこれだけいろんなことを言っていたら忘れてしまうのか、、ブレブレですよ、堀さん!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。