堀ちえみ、肉声披露し大反響『嬉し涙を流せる日が来るなんて…』

昨年2月に舌癌の摘出・再建手術を受けたタレントの堀ちえみが7日、「徹子の部屋」(テレビ朝日)に出演。手術後初めてとなる肉声を披露し大反響となった。放送後には自身のブログを更新し、「皆様に感謝です!」と感謝を綴った。

この日、検査で大学病院に訪れていた堀は「会計待ちの間いつものタリーズで、いただいた全てのコメントを、涙・涙で読ませていただきました。」と感極まった様子で報告。「何度も悔し涙を流したこの席で、まさかの嬉し涙を流せる日が来るなんて…つい何ヶ月か前までは、想像だにしていませんでした。とても不思議な気持ちです。」と辛かった闘病を振り返った。

 

手術をしてからは「私の新たな人生が再生されました。」とし、「少しずつ努力を積み重ねていけば、前以上の幸せな人生を取り戻せるという事も、この病気は私に教えてくれました。」と前向きに綴った。

堀は「元気になった今、皆々様への感謝の気持ち、御恩返しが出来るよう、これからの人生を歩んで行きます。いつもありがとう。心から感謝。」と感謝を綴った。

放送を見た視聴者からは、「前より声は若返った印象」「笑い声だけは以前と全く同じ声だったような…」「がん患者が家族にいるものとして、驚異的な回復羨ましい限り」「どこの先生に治療してもらったんだろう」「病院紹介してもらいたいわ…」「そもそもステージ4って手術で完治するの?」「抗がん剤治療はされたのでしょうか?」などのコメントが寄せられた。

画像引用:徹子の部屋

 


  1. 匿名 より:

    昨日主人が出張から帰ってきたのにその後焼き鳥食べに行ったとありましたが普通は料理作って待つとかすると思うけど。
    あの寒い中 よく出かけるね
    こんな時こそ薬膳料理作らないと!
    なんの為に習ったの?
    ブログ用かな


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。