堀ちえみ、義母に救いの手『一人でおこもりしているお母さんに』

タレント堀ちえみが11日、自身のブログを更新。義母へ遅くなってしまった「母の日」のプレゼントを届けたことを報告した。

今年の母の日のプレゼントについて「自粛中だったため、なかなか贈ることが出来ませんでした。」と武漢ウイルスの影響で贈るのが遅くなってしまった堀。家電量販店に出向き「主人とすぐに意見が一致して、いい物見つかり!」とWiFiとテレビを購入したようで、「プレゼントを持って実家に帰ってきました。」と報告した。

 

続けて、義母宅に設置した最新型のWiFiとテレビの写真をアップ。これまでは「NetflixやU-NEXT」などが見れないタイプのテレビだったといい、堀は「今も病院に行く時以外はずっと、一人で自宅におこもりしているお母さんに、何か楽しみができればいいなと。」と、救いの手を差し伸べた。

武漢ウイルス流行以降、義母の生活について「大好きな旅行にも行けない。お友達ともランチやお茶に行けない。毎日毎食一人でごはん食べて、話も出来ないでいたら、心が暗くなってしまいます。」と気の毒に思ったという堀。「本当は緊急事態宣言の前に、プレゼント出来れば良かったんだけど…」と申し訳なさそうにした。

全ての設置が終わると、堀は「マスク・フェイスシールドを、したまま」の感染対策バッチリな状態で、義母にリモコン操作を説明をしてあげたといい、また「ひとつひとつ説明をしながら、分かりやすくメモに書いて残して。」とできる嫁をアピール。

堀は「やっと渡すことができた母の日のギフト。『お母さんいつもありがとうございます』」とメッセージを綴った。

この投稿に、ブログ読者からは「寂しいひとり暮らしの老人だと発信して義母や義妹さんに失礼」「しきりにお義母さん、独りぼっちを強調して何なんだ」「おこもりって馬鹿にしたような言い方」などと指摘する声が多数寄せられた。

また、「サイズに合うTV台もプレゼントしたら良いのに。」「長々と恩義せがましい説明に嫌気がしました」「やってあげました感が凄過ぎて引いてしまう」「やってあげたことをここまでアピールします?」などといった非難の声も相次いだ。

画像引用:アメブロ

 


  1. ブログ より:

    よっぽどブログって お金儲け、品だしをスーパーでコロナのなか どんな気持ちになって仕事して気配りしてお金儲けだけなら続くこと何よりできません。ちえみさん

  2. ちょっと より:

    驚いています。
    東京はコロナ急増の中、外出、外食もままならないのに。
    文京区のニュース見ていないの?

    • 匿名 より:

      こんな時期なのに、業者を家に入れるなんて
      ステージ4の人がやる事じゃないと思う。

  3. ??? より:

    もしかして和モダン目指してます??
    残念だなー…単体で見れば良いデザインだから、置く場所によっては凄く素敵になるのに。
    テレビは壁掛けにしてしまって
    あの和簞笥(と言っていいのか分かりませんが)は別の所へ移動して、お花好きならシンプルな一輪挿しを置くと良いと思うんですが
    にしても、ベッドの横と足元、2台もテレビは要らないでしょう

    • 匿名 より:

      あの和ダンスの真裏が
      除湿機フル活用中の靴置き場。
      タンスも悲惨なくらいにカビだらけになりそう…w

    • 匿名 より:

      今頃は壁掛けよねー!
      足が付いてるだけで
      ダサい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。