堀ちえみ、手作りKFC風チキンを堂々披露するも「お惣菜にしかみえない」痛恨のミスで総ツッコミ

堀ちえみが1日、「KFCを再現」と題し自身のブログを更新。ケンタッキー風の手作りフライドチキンや十和田のバラ焼き、焼きなす、かぼちゃ煮、大根の味噌汁と文句のつけようのない夕食メニューを披露するも『惣菜』と総ツッコミを受けている。

堀は、「今夜の夕飯は、主人がケンタッキーフライドチキンの、味付けを再現してくれた、チキンです」と報告。「10種類以上の調味料で、唐揚粉から作ってくれました。」と夫の手作りをアピールし夕食写真を公開した。

しかし、すぐに写真や文章の不自然さが目に付いたようで、「香辛料を使ったなら、普通は小麦粉だけですよねえ。作ってないからいい加減なこと書いとるな。」「料理工程載せない時はほぼ惣菜。」「ケンタッキーフライドチキンの粉は社内でも数人しか知りません」「10種類の調味料?ケンタッキーをなめるなよ」「業務用フライヤーじゃないと、無理ですよ。」「お惣菜にしかみえんけど。」「本当に良くできてる、ご主人様ですね。(笑)」などと厳しいツッコミが殺到した。

確かに手作りとは思えない箇所が見受けられ、また今回の記事では調理過程の写真もアップされてないので、惣菜と指摘されても仕方ない。ブログの中で”夫の手作り”を散々アピールしておきながら実は”惣菜でした”はさすがにないと思いたい…..。

画像引用:アメブロ


  1. 涼しい より:

    部位もそうそう売ってないし、業務用フライヤー無いと揚げれないよ。
    蒸し焼きだしね、ケンタッキーは。
    blogの為に随分と苦労してるね。
    献立みてたら、この人に料理のセンスなんて全くない。
    フライドチキンで白米食べるのとかね。
    昔から、かなりの見栄はりだからね。
    夫を、主人って言うのもおかしいしね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。