堀ちえみ、息子に心配され喜ぶ『母のこと、興味ない訳ではないんだ』

タレントの堀ちえみが10日、自身のブログを更新。子供たちに心配されていることに、喜びを綴った。

夫の連れ子2人を合わせ、7人の子を持つ母親の堀。現在は学生の実子2人以外は離れて暮らしているが、「ここのところ、離れて暮らす子供たちから、連絡があります。私が元気かと掛けてきてくれるのですが、嬉しいですね。」と気にかけて連絡してくれることを報告。前日は長男と話したようで、また、「全員元気なので安心です。長男も二男も三男も、長女も四男も!健康が一番ですね。それぞれ仕事頑張って。」と親心を綴った。

 

続けて更新されたブログでは、自宅に住んでいる大学生の5男と昼食を食べている際に「どしたの?」「真剣に考えごとをしてるみたいだったから」と心配されたことを報告。堀は「舌噛まないように 金平牛蒡美味しいなぁとか ごはんの片付けのあと 今日はやること多いなぁとか そんなこと考えてた」だけだったと言うが、「舌を噛んだら大変なので、慎重になっていただけで、そんな深刻な顔していたんだなぁ。」「母のこと、興味ない訳ではないんだ(笑)…ちょっと嬉しい」と普段はクールな5男の、意外な一面に感動したようだった。

堀は「かまってちゃんは、子どもから嫌われるから」と言い、「面と向かって言わない」と一人で喜びを噛み締めたようだった。

この日の投稿に、ブログ読者からは「かまってちゃん笑 そうやって言われてるのね」「かまってちゃんは嫌われると言いながら…ブログで世界発信!!」「夫がかまってちゃんですが、本当うざいですよ。風邪引いただけで大げさなの…」「今更?昨年の金スマでも普通に食べていましたが。。」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 


  1. 匿名 より:

    高校生や大学生くらいの男子は、母親と絡むこと自体鬱陶しくなっても仕方ないと思います。
    男子いっぱい育ててわからないのかなぁーと不思議に思いましたが、考えてみたら上の子達ってその時期は一緒に住んでなかったり、再婚繰り返して子どもそっちのけだったでしょうから仕方ないですよね。

    • 匿名 より:

      まさにその通りです。親に自分がどう扱われたか、子供は良く感じ取っていますよ。そして自分が子供にした様に、子供から扱われます。それは仕方のない事です。

    • 匿名 より:

      その通り。
      当時は頭も身体もアッチ側ばかり向いて
      実子達は二の次三の次。

      何を「男の子は…」とか今更〜?って思う。

  2. 匿名 より:

    かまってちゃんは子ども達からだけでなく世間でも嫌われますよ(笑)

    何でも逐一世界発信して、肩を震わせて泣きましたやら、涙で前が見えませんとか、かまってちゃんでしかないですから!

  3. 匿名 より:

    拭き掃除ばかりしてるけど、食器棚の横の電子レンジかオーブンかわからんけど、上にごちゃごちゃ缶やら置いてて,ホントに使ってるん?

    • 匿名 より:

      オーブンの横やら上やらに物が溢れているけど、使うたびいちいちどかすのかしらね笑

  4. いつも自分中心 より:

    堀さんは楓季くんが自分に『興味がない』とか、あるとか言ってますが、他人でも異性でもなく【肉親】ですよね。興味があるとかないとか以前に大切な存在であるはず、肉親は。別に話をしなくても。
    『お母さんは若い頃のアイドル時代は…』といろいろ興味を持って聞いてほしいのか?そんな事を期待すること自体何か違和感を感じます。

    楓季くんはもしかしたら興味がないというより無関心、、その中の無関心には『嫌い』『嫌悪感』もあるかもだし。愛情の反対は無関心だとよく言われるけど、堀さんはもしかしたら【私に無関心】とは認めたくなかったのかなぁ。表現を変えて『私に興味がない』…。
    いつも堀さんて自分中心に無理にでもねじ曲げて書きますよね。 みきちかちゃんもおやつやご飯がほしくてカリカリしているのに『そんなに私に会いたかったの』と座り込む。みきちかちゃんは早くご飯がほしいのに。
    芳村真理さんを囲む会に『同期会をして!』と前からテレビを使ってまで言ってたし呼ぶか…という感じで呼ばれたのに『私のために…花まで用意してくれて…』と感激する。
    いろんな事を都合よくねじ曲げてしまう。
    医師に言われたこともこういう風にどんどんねじ曲げて、結局は自分の都合のよいように言ってるのだろうか。

  5. 堀さんの舌の不思議 より:

    『舌癌闘病日誌』のtさんが最新のブログで言われていますが、堀さんがよく飲んでいるウイダーインゼリー等の栄養補助ドリンクは『便利そうで便利ではない』…と。
    『術後、人工的な甘さ(砂糖を含む)の飲料を飲んだ途端に口腔内にネトネトの唾液が溢れるようになりました。
    100%フルーツジュース、野菜ジュースはO.K.。
    カルピス、コーラ、甘いお酒いろいろためしたけど全部ダメ。加糖のコーヒー、紅茶もダメ。途端に唾液で口がモコモコ支障をきたします。ウイダーインゼリーもその類いになります。飲んだ途端、口の中がネトネトになり唾液がたまって喋りにくい』
    『だから甘いものは全く口にしません』
    想像してみました。太腿に甘い飲み物を溢したら甘味料等でやはりネトネトするだろう…と。反対に100%ジュース等はドロッとそのまま流れて行ったり、お水もさらっと流れていくだろう…。
    堀さんはあのウイダーインゼリーの類いはしょっちゅう飲んでいますが、今年の 2月のブログで言ってましたよね。
    『栄養補助食品はいままであまり食べたことがなかったのですが、術後栄養士の先生からいろいろお聞きして生活の中に取り入れるようになりました。』…と。

    http://archive.is/tMzIm

    再度度今回読んで思ったのは『栄養士が薦めた』とはハッキリとは言ってない。(逃げ道?)でも話を聞いて取り入れるようになったのだったら同じことですよね。第一栄養を摂りすぎるほど毎日摂っている堀さんが何で【栄養補助食品】等を飲むのだろう。飲みにくいはずだし皮弁だとネトネト唾液がたまりやすいものを栄養士が舌癌の手術をした人に飲んでもよいと示唆するのだろうか?
    堀さんは甘味料等がかなりの量だと言われているタピオカドリンクも術後何回も飲んでますよね、普通に。

    そしてボイストレーニングの前などはいつもウイダーインゼリーの類いのものを飲んでいた。皮弁だと大量の唾液がたまるはずなのに飲んだあとボイストレーニングができるのか?
    唾液はあの『まさかの舌癌との共同生活』というタイトルのブログを書かれている方も術後から『唾液がたまって困る』と書かれています。
    堀さんは唾液、、涎が出て困るというのは術後から全くブログには書いてはいない。テレビでも唾液がたまるような事もなく普通に話す。
    やはり堀さんの舌は数々の舌癌の手術をして皮弁にされた方々と違いますね。
    それぞれが違うのではなくて、堀さん以外の方々がほぼ似た症状で堀さんだけ極端に違う…これはどういうことなのでしょうね。
    【本当に皮弁なのか】…もう疑問はここまで来ていると思います。

    • すみません↑ より:

      だから甘いものは全く口にしません⇒だから甘い飲み物は全く口にしません

      申し訳ありません
      ただ、【甘いお菓子類】など散らばるものも食べられない、とは別の日のブログでは言われています

    • 徹子の部屋 より:

      出演したときに、堀さんは自分の話をしながら泣いたときに黒柳さんがハンカチを堀さんに渡してましたよね。
      唾液が出て困るようなことであればハンカチは自分で最初から持ってますよね、口に当てるために。
      本当に不思議な皮弁ですね

      • 匿名 より:

        常識からしてハンカチくらい自分でもってくるもんですけどね
        泣く事前提なんだし。
        まぁ見苦しく涙流しっぱなしを演出する予定やったかもしれんけど

        • 台本に より:

          堀: このタイミングで泣く、徹子: ハンカチ渡す、とあったのかも。

    • 匿名 より:

      「手術をしてから唾液が少なくなったので、虫歯になりやすい」と、東大病院の歯科にかかった時のブログに書いていましたよ。あぁ、この人は舌がんの術後を知らないのだなと思ったので良く覚えています。

      • 堀さんが より:

        舌癌になったと金スマで言ってたので、舌癌を調べたら
        若い女性で舌癌になった方の動画があり、色々説明をされているのがありましたが、話し中にヨダレが出るからとジュルジュルヨダレを吸いながら、タオルハンカチで口元を押さえながら話をしていました。
        堀さんは、全くヨダレを吸う事もなく早口で話す事が出来るし、変だなと思いながら、TVに出て話す堀さんを見てました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。