堀ちえみ、実はビビンバ熱かった…舌の感覚をやっと告白も「今更?」「信ぴょう性がない」と不信感

ステージ4の舌癌闘病中のタレントの堀ちえみが12日、自身のブログを更新。舌の感覚について綴った。

同投稿で堀は、「新しい舌は感覚が鈍いので、熱さが分かりません。その為に火傷をしやすいから、熱いものは要注意」と手術後の舌の感覚を告白。また、「珈琲なども、ある程度冷めないと飲めない」「以前石焼ビビンパを食べた時も、別の器に移して混ぜて混ぜて、フーフーと冷ましてから食べました。」と悩みを綴った。

 

しかしながら、舌の再建手術については「舌の手術の技術は凄いな」「私の場合は舌根を運良く残せたのですが、そこに新しい舌を束ねるようにして、合わせていたのですから」などと医療技術の進歩を強調している。
堀といえば、入院中からホットコーヒーやスイートポテトなどの間食。また退院早々にグラタン、カレー、焼肉、石焼ビビンバ、韓国料理、揚げ物などとヘビーな食事の数々をブログで紹介し、読者から疑問の声が噴出していた。

そういった読者のモヤモヤに対しての”アンサー”ブログになった今回、「今更言い訳訂正するようなブログ」「後出しでつじつま合わせようとしているのかな?って感じ。」「なんか、信ぴょう性がない、最初から疑わしくなる」などと物議を醸しているようだ。

画像引用:アメブロ

 


  1. 匿名 より:

    フードファイター堀ちえみ

  2. 匿名 より:

    食欲、性欲、金欲
    のみで構成されています。

  3. 匿名 より:

    次は「そういえば、味覚も鈍ってます!」かな?
    これだけ毎日美味しい美味しいと言いまくっちゃって、今更無理だと思うけど…。
    どうでもいいけど50過ぎのおばさんが、「モグモグ、ゴックン」「フーフー」…言うかな?聞いててちょっと気持ち悪いんですけど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。