堀ちえみ、大口を開けたリハビリショットを公開『やれる努力は惜しみなくする』

今年2月、ステージ4の舌癌の手術を受け、舌の6割を切除・再建したタレントの堀ちえみが8日、自身のブログを更新。現在の舌の状態をモザイク入りの写真で公開した。

堀はこの日の朝、発語リハビリを家の外のベンチで行ったといい、マフラーを巻いた防寒コーデで、口を大きく開けた自撮りショットを公開。写真には舌も写っているが、その部分にはモザイクがかけられている。堀は「今日は昨日よりも、舌が邪魔に感じずに、上手く発語出来るような気がします。」と、この日はスラスラと発語できたようだった。

 

しかし、日によっては発語しにくいこともあるようで「発語の調子の良い悪いに、何が関係と影響しているのかは、全くわかりません。」と頭を抱える堀。すると夫から「バイオリズムだから、あまり気にする事ないよ」「あっ!調子悪いんだなぁぐらいで軽く考えとけばいいと思うよ」とアドバイスされたことを明かした。

堀は「人間はバイオリズムがあって当たり前。」「やれる努力は惜しみなくする。ここだけはブレないところ。」と力強くつづった。

この投稿にネット上では、「見せたく無いならわざわざアップしなくても…」「アクセス稼ぎ?」「テレビのインタビューの時は綺麗な舌だったよね」「なんで…今更 舌をボカスの?」「寒いのにリハビリ外でやる意味ある?」「健気にリハビリ頑張ってますアピール」などのコメントが寄せられている。

堀ちえみ、大阪の番組にインタビュー出演「舌をガン見してまう」の声

画像引用:アメブロ

 


  1. 匿名 より:

    寿司屋での写真
    自分はワンピースを着て パールのネックレスまで着けているのに、娘はシワだらけの薄汚いパーカー。
    母親なのだから 娘にもそれなりのきちんとした服を着せてあげなさいよ。
    ドレスコードとかTPOをわきまえた服装の大切さ、大人の女性として娘に教えあげてよ。
    とはいっても、ドレスコードやTPO云々以前の問題ですね。
    こんなにシワシワヨレヨレの服を平気で着て外出してしまうところがね。
    このお嬢さんには そんな格好して出掛ける事が恥ずかしい、という感覚がないんですね。もう高校生なのに。

    53+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。