堀ちえみ、入院中でも美容ケアに抜かりなし?術後初パックに「報告いらない」「治療に専念して」の声

ステージ4の舌癌闘病中のタレントの堀ちえみが15日、自身のブログを更新。術後初の美容パックに喜びを綴った。

この日、栄養剤等を注入するための鼻チューブが抜けたことを報告した堀。「鼻のチューブが抜けて、すぐに洗顔をしました。綺麗に洗顔するのは久しぶりです。洗った後、鏡に映る自分の顔を見ると、顔の色がほんのりとピンク色に、戻っていました。」と順調な回復を明かした。

 

そして、「念願だったパックタイムです。フェイスシートマスクを、顔に乗せて至福のひととき。久しぶりの栄養なので、シートマスクの成分を、かなり欲していたのだと思います。短時間でシートマスクが、カラカラになるぐらい(笑)」と久々のパックに喜びを綴った。

韓国に度々訪れては、レーザー治療やビタミン注射など美容メンテナンスをしていた堀。入院中でも美容ケアに抜かりはないようだ。

この報告にネット上では、「チューブ抜けてすぐパックって、やっぱり芸能人だな〜と思う」「良かったですね 再発されないことを祈っています」「皮肉ではなくブログ更新しまくりで元気に暇そうで良かった。」などと安堵の声が寄せられた。

一方、「美容から離れたら?韓国整形が一つの原因だったとも言われてるんだし」「治療に専念して」「私に注目してオーラ全開。そのうち飽きられそう。」「いちいち報告いらない。小学生の日記じゃあるまいし。」「癌を美談にするのやめてくれ」などの指摘もあがった。

※イメージ 堀ちえみ公式ブログ 2017-12-27記事

引用:https://ameblo.jp/horichiemi-official/

 


  1. 匿名 より:

    よくこんな写真アップできるなぁ
    怖いんですけど・・
    しかしパックするなんて余裕あるんだね
    全然辛そうじゃないようにみえる

  2. 匿名 より:

    昨日は、5キロ歩き、息子が来て、4時間話したそうですが。
    本とですか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。