堀ちえみ、今年一年を振り返る「神様が与えてくれた 素晴らしい一年でした」

ステージ4の舌癌の手術で舌の6割を摘出・再建したタレントの堀ちえみが27日、自身のブログを更新。今年お世話になった人々へ感謝を綴った。

この日の前日、大阪レギュラー番組の共演者で落語家の桂南光と電話したという堀は「今のちえみちゃんの喋り方の方が 何か今までとは違う説得力があるわ 今の方がずっといい」との優しい言葉をかけてもらったことを報告。手術から1年弱、今なお発語リハビリ中の堀は「私を励ます意味でも、そう仰ってくださったのだと思いますが もし少しでもそうであるならば、とても嬉しいです。」と綴った。

 

夜に更新されたブログでは、行きつけの韓国料理屋で外食したことを報告。「ママの韓さんには、今年もいろいろとお世話になりました。」と店主との2ショットを公開した。同店へは食事へ訪れる以外にも、月1でランチ会をする仲でもあり「今年一年の私の身に起きた辛い事の数と、楽しかった事の数をかぞえてみたら、楽しかった事の方が断然多い。」と今年1年を振り返り、「神様が与えてくれた激動の一年。素晴らしい一年でした。ありがとう。」と感極まった様子で綴った。

さらに、ここ最近ブログに登場するようになった一般人の友人で「心友のリサ」も、途中から夕食に合流したようで「今年最後に顔が見られて、良かった!」「30分程でしたが、嬉しかったです。」と綴った。

この日の投稿にネット上では、「結局同期会はなかったのか…期待してたのに残念。」「心友リサって誰w」「同期とのクリスマス会や忘年会は全く無し…三十年以上も芸能界にいるのに…」「登場人物みんな分からないわ。本当に芸能人のブログ?」「相変わらずどうでもいい内容のブログすぎて草」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 


  1. 匿名 より:

    ごめんなさい、
    キモチワルイ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。