堀ちえみ、リモートボイトレ姿をシェア『私には夢がある!叶えてみせよう』

昨年2月にステージ4の舌癌の手術を受けたタレントの堀ちえみが30日、自身のブログを更新。新型コロナウイルスによる講演会の中止報告と、リモートボイトレの様子をシェアした。

夏に予定していた癌に関する講演会や、イベントについて「今のところ、8月いっぱいまでは中止や延期となり、本当に残念です。」と新型コロナウイルスによる影響で中止になったことを報告した堀。「楽しみにしていた皆様、申し訳ございませんでした。」と謝罪し、「安全・安心な環境下で、必ず会える日が来ると願って、その日までお互いに元気でいましょう。」と呼びかけた。

 

続けて更新されたブログでは、リモートボイトレの様子をシェア。歌手としての復帰を目標に掲げている堀は、アイドル時代の代表曲『リ・ボ・ン』の練習に励み、また、「メロディがいい曲なので、ピアノだけで歌うのも、いいなぁなんて思います。」と想像を膨らませた。

また、座りながら歌っているボイトレ中の写真を複数枚アップし、「やっぱり歌を歌っている時が、一番幸せです。」とポツリ。「もう二度と歌えないと思っていたけれど…私には夢がある!私には目標がある!叶えてみせよう。」と強く訴えた。

この日の投稿に、ブログ読者からは「ボイトレって立ってした方がよくない?座ったままで声出る?」「病気前は、歌手活動なんてしてなかったような」「歌手だったんですか?コメンテーターのイメージしかない」などのコメントが寄せられた。

画像引用:アメブロ

 


  1. 匿名 より:

    今日からランドとシーが再開だね
    まさか娘は学校をやすんで行って
    いないよね
    まさかね生徒会長だからそんな事
    しないよね

  2. 匿名 より:

    昨日は少し見たのですが、毎回同じですね。他の人の話を聞くより、大袈裟に身ぶり手振りで自分がしゃべりたい!みたいな感じ。まぁ、ゲストなんだから話すのは普通なんだろうけど。見た感じ、ブログでの写真とは顔の面積が違うし、相変わらず家族しか登場人物がいない。
    あと、旦那さんの言葉…気持ち悪いわぁ、本当に。旦那さんも3回目の結婚ですよね…よく言うよなぁ…。でも改めて思ったのは、この夫婦、お互い再々婚の似た者同士でお似合い。普通の感覚ではない二人が夫婦になったんやから、それはもう気が合うでしょうね(笑)

  3. 匿名 より:

    この間、舌癌ステージ1の人のブログを読みましたが、そのかたは患部の切除だけで少し舌の裏が抉れてしまったようです。それでも言われていましたよ。『もう元の話し方には戻れないだろう』…と。
    それだけ舌と言葉というのは密接な関係なのですよね
    頭頸部がん患者友の会の三木祥男さんも術後10年以上経っていても。いまだに全く相手に伝えるように話すのは難しい…と言われています。だから【代償音】も考案されている。
    同じステージ4の堀さんは、舌先を上顎にあてないと発語出来ないタ行を何故普通に澱みなく話したりできるのですか?舌先がないはずなのに…。

  4. 小川満鈴さんも正論を より:

    【堀ちえみさん×勘違いしてほしくない×本音×中傷×ではないです】…というタイトルで更新されています

    『でもね、現実の癌は思い込みや前向きな姿勢では消えません』
    『「有名人だと自分で思うならば、その発言には大いなる責任が伴う」私はそう思います』

    堀さんは自分でも『奇跡の回復』と言ったり、『イメージすれば願いが叶う』と本やブログでも言ってますが、闘病している方々にはなんの実際の助けにはならないと思います。
    なんだか自分が【治りが早すぎる】事の説明(言い訳)に聞こえなくはない、、【奇跡の回復】等と言われると。

    小川満鈴さんのブログをリブログする人も最近増えていますよね。
    どんどん広がって来ていると思います。
    満鈴さん、いつもありがとうございます

    https://ameblo.jp/ogawamina/entry-12606294742.html

  5. Eテレ出演は完全復帰アピールか? より:

    放送を観て、何が驚いた…といって、堀さんの言葉はもう完全に近く戻っていた。
    画面を見ないで聞いたら『た行』も『ら行」も発する言葉は全く舌先も使って澱みない。

    そして堀さんの移植の事を説明するときに堀さんの脚の左側には楕円形の切除図があるのを見たときも驚きました。
    堀さんの著書『Stage for~』にはハッキリと書かれています。『太腿には40センチに及ぶ大きな傷跡がくっきりとついています』…と。
    堀さんがちちんぷいぷいの山中アナウンサーのインタビューを受けた時は、左脚の付け根からまっすぐなぞって『ここから舌の筋肉を取って…』と言ってましたものね。今日の図と位置が違うじゃないですか。自分の傷跡の位置と長さを間違えますか?
    舌の切除の大きさも『Stage for~』には『まず頸部のリンパ節を切除。その上で舌の6割以上を切除し…』(P39)とハッキリと書かれています、、。が、今日は解説の所では『6割近く…』と書いているし言っている。
    何故太腿の図も楕円形になり舌の切除の範囲も少なくなったか、しかも本人も極めて明瞭に発語している。
    それで『えっ』と思って保存している堀さんがショートパンツを穿いて太腿をみせていた日付を調べたら6月13日の朝。この日の午後にEテレの収録に行っている。
    マネージャーである夫はその前に打ち合わせをEテレのスタッフとしていたでしょうね。その場合あの切除の時の図も【楕円形】にしてもらうよう指示し、切除も【6割近く】にしてもらったのではないでしょうか。テレビ局が本人たちの許可なく勝手にはするはずがないと思います。
    思うにこの夫婦【舌癌ステージ4!】と大きく公表し、何か不自然な堀さんの話す言葉もテレビに出始める。やはりハッキリと言って覚束ない。誰もがあれではコメンテーターは無理だし回りも気を使う… と思ったと思う。
    この夫婦の誤算はちちんぷいぷいが降板になったことではないでしょうか。他の東京の番組も一通りの舌癌の話で呼ばれたら、舌癌以外では呼ばれない。
    焦りはじめたのでは?
    堀さんももし本格復帰をして短いスカートをはいたら太腿の傷跡の事も言われる。だからマネージャーと堀さんはあえて【腿の付け根の楕円形】の図を書いてもらい、舌の切除も【6割近く】にして…普通の話し方に戻した、、もう堀ちえみは普通に話せますからテレビ出演も大丈夫ですよ…と。
    でも、、お金を払って買ってもらった本には『6割以上』と書いている。1月に出演したTBSの朝の番組で切除図を書いたときには確かに『6割以上』と保存した画面には残っている。
    【以上】と【近く】は堀さん、かなり違いますよ。
    あの13日の日にはあえて太腿を見せたのではないですか。(Eテレには腿の付け根の楕円形の図を書く放送が決まっているから)もう安心してあえて太腿を出したのでは?大きな傷跡のない太腿を見せて。。

    傷跡や切除の範囲がこんなにコロコロ変わるなんてあり得ないですよね。。ということは、、やはり堀さんの舌は切除していないし太腿もきれいなままなのでは?とどうしても思ってしまいますが…。

    でも、これでは不信に思う人は益々増えると思いますよ。同病者からは声が徐々に上がっていくでしょうね。
    いろんな事を付け足したり改竄したり…医学ではあり得ない。
    本当に嘘なのなら、、よく心が痛みませんね。奇跡とか根性とか言ってもどうしようもなく亡くなっていく人もいるのですよ。
    堀さんの【舌癌ステージ4の真実】をしっかりと見極めるまでは目を離しませんよ。

    • ステージ4というのは より:

      限り無く厳しいステージ…って事なのに。
      この人だけですよね。
      ステージ4を振りかざして
      ステージ4でお金儲けして
      まるでステージ4だった事を
      よかった事のように言い切る人は


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。