土屋太鳳の募金ラン、陸上部所属時代に挫折も『夢を叶えた姿のひとつ』を届ける

『24時間テレビ43』(日テレ系)のマラソン新企画「24時間募金ラン」にて、女優・土屋太鳳がランナーの1人目を務めた。

「募金ラン」では、発起人を務めるシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん自らが声をかけた、アスリートや女優ら6人”チームQ”が、1周5キロのコースを走り、1周走るごとに10万円をポケットマネーで募金。高橋さんは一人で100キロを目標に、チームQメンバーは5人合計で110キロを目指す。

土屋は、「募金ラン」参加にマイナスな意見もあったというが「どんな形でも何かを続けてたら…もっと思いきって書くと 生き続けることが出来ていたら 形は違っても、夢を叶えることが出来るかもしれない。」とのメッセージを伝えたく、決意。

小中と陸上部に所属していた土屋は「Qちゃんのように走りたい!」とアスリートとしての高橋さんに憧れるも「自分は運動神経は多少あるかもだけれど アスリートのものではないな」と挫折を経験し高校で辞めてしまったことを告白。だからこそ、今回参加することで「私が高橋尚子さんたちと一緒に走ることは、形は違っても『夢を叶えた姿のひとつ』になるかもしれないと思うんです。」と訴えた。

その上で、土屋は「今、もし、目指した場所と一緒に 夢が消えたように感じてる人がいるとしたら、この事実を観ていただいて、少しでも新しい夢のヒントを感じて欲しいと思いました。」とした。

ネット上では「たくさん悩んで走るって決めた太鳳ちゃんは、ほんとすごいし、かっこいい」「めちゃめちゃ素敵ですね。」「熱い思いが伝わってきて感動しました」「真っ直ぐな思いに感動」「ちょっと心配だったけど太鳳ちゃんが笑顔で走ってて吹っ切れました」などのコメントが寄せられている。

画像引用:日テレ

 


  1. たおちゃん より:

    とても すてきでしたね。関係ないコメントのせてごめんなさい。わたしはあのなかにはもどれないわ。たおちゃん アスリートのかた 法律相談所でも キラキラしてていいな がんばらなくちゃ、ありがとう

  2. むしがわいた、 より:

    です、蛆虫じゃん、最低限なひとか 、あなた、文章でひとは悲しい気持ちが、とか、ひとには心意気があるんですよ?あなたにはないか、失礼しました。

  3. 社会の粗大ごみ より:

    ちえみさんとこで よく書きこみされてるかた、あなたはカラスも見向きもしないむしがわあた生ごみじゃん、だれも見向きされずなんだね。あわれだね。たおちゃんやアスリートなかたたちからなんか得たら?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。