四万十川の大学生男女死亡事故、直前にとんでもないことをしていた…「両親がお気の毒だわ」の声

高知県四万十市の四万十川で大学生の男女2人が溺れた事故で、高知県警中村署は15日、行方不明だった男性・兵庫県西宮市の大学4年東田達直さんが、現場から約100メートル下流の川底から遺体で見つかったと発表した。

東田さんは13日、友人8人で橋からダイブして遊んでいたが、大阪府豊中市の大学4年小川寛加さんが溺れたのを助けようとして行方不明になっていたという。小川さんは14日、橋の下流側で見つかり、死亡が確認されている。

ネット上では、「ダイブって、田舎の遊びとしてはありふれてるのかぁ」「ダイブはあかん…」「毎年事故があるみたいだし引っ張られたんだろうな」「なんて浮かばれない…」「両親がお気の毒だわ」「水は本当に怖いわ 」などのコメントが寄せられている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。