名倉潤が休養する本当の理由…「兄貴の出所が原因?」「人間関係トラブルって…」と憶測飛び交う

お笑いトリオ・ネプチューンの名倉潤が、うつ病を発症し約2ヵ月間、リハビリのために休養することを発表した。

名倉は「ご心配、ご迷惑をおかけして大変申し訳ございません。少しの間休養させて頂きます。体調を回復させて戻って参りますので、よろしくお願い致します」とコメントしている。

この件について、業界内では首をかしげる人も多いとか。「なぜ『うつ病』という病名まで発表したのか。名倉さんはお笑い芸人。病名を出してしまうと、復帰した際に視聴者も笑いづらくなってしまうのではいか」(スポーツ紙記者)

休養期間が2ヶ月ということについて、都内で心療内科を経営する医師は「メンタルの病気は長期に渡って向き合っていくものであり、2ヵ月で治るというものではない」と断言。2ヵ月足らずの休養ならば、当たり障りのない別の理由で発表してもいいように思えるが……。

「名倉に関しては、一部でプライベートでの人間関係トラブルも噂されており、今回の件も謎が謎を呼ぶ休養発表という印象です。ひょっとしたら今後、大きな騒動に発展する可能性もあります」(スポーツ紙記者)
引用:サイゾー

ネット上でも、「期限決めてはい治りましたって病やないやろ」「確かに2カ月の丁度いい感は…」などと休養期間に対する疑問の声や、「時期的に闇営業でもしてたんかと思ってまうな」「兄貴の出所が原因?」「人間関係トラブルって絶対兄貴のことやろな」などといった憶測が飛び交っている。

名倉の兄で元山口組組長の名倉教文は2004年、東京都江東区の路上で飯島会系組幹部を刺殺した事件で逮捕。懲役14年の判決を受け、2018年7月に出所している。

画像引用:Google画像検索

 


  1. 匿名 より:

    山口組組長じゃなくて山口組系○○組組長ね
    記事書くならもうちょい勉強して

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。