古村比呂、リンパ浮腫の手術を報告『実は抗がん剤治療後…』

女優・古村比呂が26日、自身のブログを更新。「ご報告させて頂きます」とし、27日にリンパ浮腫の手術を受けることを明かした。

古村は12年に子宮頸がん、17年3月に子宮頸がんの再発、同年11月に肺とリンパ節のがんが発覚。以降、抗がん剤治療を続け、19年2月に経過良好のため抗がん剤治療の休止を明かしていた。

先月末には、「今度は私が誰かの支えに。がん・リンパ浮腫と共に歩むサポートを」と同じ病を抱える人のために、クラウドファンディングにチャレンジすることを発表をしていた。

 

今回、古村は「本日からリンパ浮腫吻合手術のため手術入院をします」と報告。「実は抗がん剤治療後、脚の浮腫がやや進んでしまい 右脚にも浮腫が出始めていました」と明かし、「手術は明日の予定です。久しぶりの全身麻酔は緊張しますが、がんばってきます」と綴った。

ネット上では「手術、成功しますよ。頑張って下さい」「ひろさんの手術が無事に終わりますように願ってます」「いつも元気玉を贈ってくださるヒロさん!絶対よくなります、成功します」「待ってます。大丈夫です 祈ります」とエールが寄せられている。

画像引用:アメブロ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。